人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月15日

SR初優勝の道筋見えないライオンズ。攻守充実のブランビーズが今季3勝目。スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

これをブランビーズの万能NO8、マキャフリーが素早く捕球し、HOフォラウ・ファインガアが無人エリアへ大きく蹴り返す好プレー。

ターンオーバーから、最後はCTBテヴィタ・クリンドラニが右隅でスコア。

ライオンズはチャンスから一気にトライを奪われる手痛い展開で、11点ビハインド(8-19)で後半へ向かった。

後半はブランビーズがスクラム、ラインアウトでも強固な足場を作った。

ライオンズは強みのスクラムでペナルティを奪取するも、敵陣マイボールラインアウトが2連続でカットされる。ブラビーズはこの辺りからラインアウト、そして終盤はスクラムでも優勢となった。

ライオンズは後半10分にSOエルトン・ヤンチースがパスミスを捕球、見事なフェイントからトライを決めて4点差(15-19)に詰めるが、これはチームトライというより、個人技による幸運なトライ。

この日のアタックの迫力は、ブランビーズに軍配が上がるだろう。

後半25分にFBバンクス、その3分後にはCTBライトが間隙を突いて独走トライを決め、31-15とリードを広げた。

ライオンズは後半30分に途中出場のシルヴィアン・マフザが右隅でスコアラーとなったが、最後はスクラムでもドミネート(制圧)され、良いところがなかった。

この日のブランビーズのラインアウト成功率は92.9%、スクラム成功率が100%だったのに対し、ライオンズは同数値が順に84.6%、77.8%といずれも下回った。

最終スコアは31-20だが、スコア以上にブランビーズの充実ぶりが目立っていた。

攻守に精度の高かったブランビーズは今季3勝目。オーストラリア・カンファレンスの3位に浮上した。

今季4敗目を喫したライオンズは、南アフリカ・カンファンレンスでまさかの最下位。

1~5位までの勝点差が「5」という大混戦ではあるものの、昨季準優勝チームのプライドに傷をつける状況になっている。

3年連続でプレーオフ決勝に進出し、昨季まで南アフリカの希望となっていたライオンズ。悲願のSR初優勝への道筋は見えてこない。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ