人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月1日

8強進出、大会初勝利――。プライドが激突するセンバツ、予選リーグ最終戦の見どころ。「全国高校選抜ラグビー大会」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

【Cグラウンド】
第①試合:天理×流経大柏(Hグループ)
第②試合:大分舞鶴×北越(Hグループ)
第③試合:京都成章×早稲田実(Fグループ)
第④試合:高知中央×秋田工業(Fグループ)
第⑤試合:春日丘×高鍋(Gグループ)
第⑥試合:金光藤蔭×本郷(Gグループ)

第1試合の全勝対決「天理×流経大柏」は必見だろう。

今大会で近畿3位の天理は、攻撃力が爆発中。大会3日目を終えて192得点は参加校中最多だ。

60分間ハードワークして大量得点できるフィットネス、組織力は、対戦相手の脅威だろう。

一方の流経大柏も、PR作田駿介キャプテン(3年)を筆頭にLO篠澤輝(3年)、CTB横山伊織(2年)らタレントも揃い、攻守ともにハイレベルな関東強豪だ。

大会初戦の大分舞鶴戦ではディシプリン(規律)に苦戦しながらも47-19で快勝。予選2試合目では新潟・北越を52-3と寄せつけなかった。

勝者が決勝トーナメントへ進出する。午前9時30分キックオフという試合条件だが、果たして主導権を握るのはどちらか。

また第3試合では「京都成章×早稲田実業」の全勝対決、第4試合は大会1勝を目指す「高知中央×秋田工業」の対戦もあり、多くのギャラリーが詰めかけそうだ。

【補助陸上競技場】
第①試合:石見智翠館×國學院栃木(Cグループ)
第②試合:関西学院×浦和(Aグループ)
第③試合:佐賀工業×秋田中央(Aグループ)
第④試合:東福岡×札幌山の手(Bグループ)
第⑤試合:城東×慶應義塾(Bグループ)

8強進出を決める対戦はないが、第5試合の「城東×慶應義塾」に注目したい。

ともに堅守の伝統を持つ、1勝1敗同士の対決となる。

徳島・城東は3大会連続3回目のセンバツ出場だが、今大会初戦で札幌山の手から28-22でセンバツ初勝利。

伝統的に激しくディフェンスをするチームであり、この日も全員が果敢にタックルを繰り返した。

予選2試合目では東福岡に屈して予選通過を決められたが、大会最終戦で城東らしさを披露したい。

ディフェンスの伝統でいえば、タイガージャージーの慶應義塾が筆頭だろう。

初戦はこちらも東福岡に敗れたが、好守からミスを誘う場面も見られた。予選2試合目は札幌山の手に27-17で勝利した。

慶應義塾の北村誠一郎監督は、初戦終了後に「慶應の伝統であるディフェンスに磨きをかけて、今後ディフェンスからボールを奪ってアタックするところまで積み重ねていきたいです」と語った。

ともに堅守を信条とする両軍。どんな結末が待っているのだろうか。

見どころの多いカードが並んだ「全国高校選抜ラグビー大会」の大会4日目は、4月2日(火)午前9:25より、JSPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ