人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月11日

王者クルセイダーズは4連勝、チーフスは泥沼の4連敗。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

しかし、その後のモメンタムは一気にクルセイダーズに傾く。22分、スクラムからCTBクロッティの打ち返しのパスを受けたFBウィル・ジョーダンが抜け出しトライ。

続く28分にはボールを動かして、最後はHO(フッカー)アンドリュー・マカリオがインゴールに押さえて26-7。

さらにクルセイダーズは攻撃の手を緩めず、35分、相手のパスミスからカウンターを仕掛けて再びFBジョーダンが中央左にトライ。

40分にはモールを押し込んだ後、最後は巨漢PRマイケル・アラアラトアが飛び込んで40-7と前半だけで、ほぼ勝負を決めてしまった。

後半、何とか巻き返しを図りたいチーフスは、11分、スクラムを起点にボールを展開しWTBエテン・ナナイ セトゥーロが左隅にトライ、SOマッケンジーのゴールも決まって40-14とする。

しかし、お互いにメンバーを交替する中で、再びクルセイダーズが主導権を握る。キックカウンターから攻撃し、21分、最後は途中出場のオールブラックスHOコーディー・テイラーがトライ。

24分も途中出場のSHブリン・ホールがトライを挙げて、19分にはモールから再びHOテイラーが押さえて57-14と大量リードに成功する。

チーフスは残り20分でWTBジャック・デブレツェニ、FLマイケル・ブラウンがトライを挙げて意地を見せたものの、すでに試合の趨勢は決まっていた。そのまま試合が終了し、ハイランダーズが9トライを挙げて57-28でチーフスを下した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ