人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月4日

Aシード3校と流経大柏がベスト4進出。全国高校ラグビー大会 準決勝の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

第2試合は、Aシード同士の戦いとなった。両者は春の選抜大会の準々決勝で対戦し、40-34で桐蔭学園が勝っている。しかし、トライ数は5対4で東福岡が上回っていた。勝利を呼び込んだのは、SO津田貫汰の正確なキックだ。トライ後のコンバージョンゴールをすべて決めたほか、ペナルティーゴールとドロップゴールを2本ずつ決めている。津田は今大会でも正確なキックを披露し、準々決勝の天理戦でもすべてのコンバージョンを成功させ、3本のPGも加えて、トライ数5対5の試合を勝利に導いた。準決勝でもキーマンになる。

桐蔭学園の強さは、一人一人が基本プレーを正確に行ってボールを継続支配できるところにある。1年生のNO8佐藤健次ほか突破力のある選手も多く、縦への突進でディフェンスを集め、SH小西泰聖キャプテン、津田のハーフ団が正確なキックとパスで攻撃を組み立てる。対する東福岡はグラウンドのどこからでもボールをつなぎ、トライへの射程距離の長いチームだ。準々決勝で3トライをあげたWTB志氣陸王らスピードのある選手が揃い攻撃力は抜群。自由奔放なアタックだけではなく、ディフェンスも固い。加えて今季はモールも強化し、桐蔭学園同様に得点方法は多彩だ。ハイレベルの攻防が繰り広げられるだろう。

どのチームも優勝するだけの実力は備えている。ミスや反則、ボールのはね方などが、どのチームに幸運をもたらすのか。「我慢」がキーワードの拮抗した戦いになりそうだ。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ