人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月25日

東西の「桐蔭」が優勝争いの中心。全国高校ラグビー大会のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ディフェンディングチャンピオンの東海大仰星を破って出場を決めたBシードの常翔学園はアタックのチームだ。テンポよくボールを動かすSH前田翔哉(3年)がキーマン。

NO8やCTBもこなすステップの得意な石田吉平、PR為房慶次朗、長身WTB山川一瑳(いずれも)と突破力に長けた選手も多い。2回戦からトライを量産し勢いに乗りたいところだ。

Bシードの流通経済大は、今年、桐蔭学園に土をつけた2校のうちの1つで、FWとBKとバランスがいい。

PR葛西拓斗を中心としたFWは体格のいい選手が揃い、セブンズを制したようにWTB永山大地(ともに3年)を軸としたBKもトライを取りきる力はある。

春の選抜は2度目のベスト4だった。花園ではベスト8の壁を破り、初のベスト4以上進出なるか。

選抜ベスト4に残ったのは桐蔭学園、大阪桐蔭、流通経済大柏、そして天理だった。天理は奈良県予選決勝で、国体優勝のライバル御所実業を破っての出場である。

奈良県予選で御所実業を破った天理

天理は持ち前の展開力だけでなく、NO8照井悠一郎キャプテンを筆頭に、PR金山忠次、FL山村勝悟(いずれも3年)らがおり、FWにも力がある。BKにもWTB津野来真(3年)と決定力ある選手もいる。花園でも上位進出なるか。

他には東のBシードは、東北王者・黒沢尻工業(岩手)、バスラグビーを信条とする茗渓学園(茨城)、北信越王者の日本航空石川(石川)。

また、元日本代表を父に持つWTB/FB大籔洸太(3年)がエースの東海王者の中部大春日丘(愛知)の4校。

他の西のBシードは決定力のあるFB山田響(2年)がいる報徳学園(兵庫)、佐賀工業(佐賀)、九州大会2位の長崎北陽台(長崎)の3校だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ