人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月25日

東西の「桐蔭」が優勝争いの中心。全国高校ラグビー大会のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

今大会は「どこが勝つかわからない」と言われているが、やはり、Aシードの2つの『桐蔭』を軸に優勝が争われることは間違いないだろう。

初の花園での単独優勝を目指す桐蔭学園(神奈川)は、前回大会こそ大阪桐蔭に準決勝で敗れたが、春の選抜大会では連覇を達成。

昨年はFW(フォワード)中心のチームだったが、今年はキャプテンSH(スクラムハーフ)小西泰聖を中心に、伝統の継続ラグビーが健在。

また、PR(プロップ)鈴木康平、HO(フッカー)紀伊遼平(いずれも3年)とFWでもBK(バックス)でもバランス良くトライが取れるチームだ。

昨年度の準優勝だった大阪桐蔭(大阪第1)は春の大阪王者であり、FWの平均体重は95kgのフィジカルに長けたチームだ。

春は桐蔭学園に敗れた大阪桐蔭

NO8(ナンバーエイト)堤田京太郎(3年)や、前回大会1年生ながら大活躍したFL(フランカー)奥井章仁(2年)がFWを引っ張る。

BKはSO(スタンドオフ)/CTB(センター)高本幹也、キャプテンCTB松山千大(ともに3年)が中心だ。

優勝候補は『桐蔭』の2校だけではない。同じくAシードの東福岡、大阪の強豪・Bシードの常翔学園、夏の7人制ラグビーの全国大会で、初のタイトルを奪取したBシードの流通経済大柏。

さらに国体優勝の御所実を破って出場の天理も虎視眈々と優勝をうかがっている。

2016年度以来の王座奪還をもくろむ、Aシードの九州王者・東福岡は、スピーディーにボールを大きく展開するラグビーが武器だ。

キャプテンHO福井翔、司令塔SO吉村紘、ラン能力に長けたCTB/FB(フルバック)宝田悠介(いずれも3年)、スピードと決定力に富んだWTB(ウィング)高本とむ(2年)ら能力の高い選手が揃っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ