人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月17日

筑波大学、覚悟を決めた4年生。3連敗からの大学選手権への道。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

成蹊大戦で活躍した前田

11月3日に行われた成蹊大学戦で、3戦ぶりにスタメン出場した副主将のCTB(センター)前田土芽(同4年)は幾度もビックゲインを決める活躍を見せた。

「試合中に唯一集まれるトライ後の時間で、大西がいない分、4年生としてチームをまとめることを意識した。次の試合でも、苦しい時間帯に仲間を鼓舞できるようにプレーしたい」。

この試合で筑波大はアタックでミスを最小限に抑えて、80分間戦い抜き、101-0で完勝した。4年生の思いに後輩も続いた。

HO(フッカー)吉田隼人(同3年)は「引っ張ってくれる4年生だけではなく、今はチームのみんなが声を出していい雰囲気で取り組めている」と語った。

11月10日に行われた専修大学とのジュニア選手権でも、「トライを取られた後にこれまで話さなかった下級生が、しっかりと悪かったところを指摘してくれた」(大西)。

古川拓生監督(体育系・准教授)は「開幕から連敗した中で、チームの雰囲気は決してよくなかった。だが、うまくいかなかった所を修正していこうとする思いは伝わっていた。後がない4年生が覚悟を持って、率先してやってくれていたと思う」と語った。

日本体育大は3日に行われた青山学院大に敗れ、未だ対抗戦未勝利に終わっている。だが、油断はできない。

春季大会で苦しめられたFL(フランカー)クリスチャン・ラウイを始め、186㌢、140?の超大型LO(ロック)ミキロニ・リサラ、U20日本代表のWTB(ウイング)ハラトア・ヴァイレアら、3人の留学生選手には十分注意したい。

河野は「まず勝つことが必要。その中でも、これまでやってきたことを出して次に生かしたい」と意気込む。前田も「勝って、次の帝京大学戦、大学選手権で早稲田大、慶應大、明治大にリベンジしたい」と語った。

大学選手権を勝ち抜くために覚悟を決めた筑波大の戦いに注目したい。

文/写真:明石尚之(筑波大学新聞)

◆筑波大学 関東大学対抗戦 放送&配信予定
・11月19日(月)午後2:00 筑波大学 vs. 日本体育大学
※J SPORTSオンデマンド配信
・12月01日(土)午後1:50 筑波大学 vs. 帝京大学
※J SPORTS 1 生中継&J SPORTSオンデマンドLIVE配信

筑波大学新聞

筑波大学新聞

筑波大学やつくば市内のニューズを扱う、筑波大学公認の新聞。発行は年7回で発行部数は2万部以上。取材や原稿執筆、紙面の作成などは学生中心で行う。»Twitter »Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ