人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月14日

主務・田中陽太郎、仲間とともに駆け抜けるラストシーズン。慶應義塾大学ラグビー部

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

対抗戦での帝京大学戦。慶應義塾大学は絶対王者を追い詰めたが、あと一歩及ばず惜敗を喫した。その悔しさは計り知れない。

もちろん主務として、選手の間近にいた田中主務も同じくらい、いや、試合に出られない分、それ以上に悔しかったかもしれない。

しかし、田中主務は「選手が一番悔しい」と思い、1人悔しさを裏に隠して、試合後に両チームで開催されるファンクションの司会をしっかりとこなした。

「僕がいないとその選手たちが試合をできないくらいの位置にいると思っています。選手が第一だと考えているので」。

そう語る彼の口調からは、優しい笑顔の裏で「このチームの主務をできるのは俺しかいない」と言わんばかりの強い覚悟が見えた。

田中主務も共に戦う

いよいよラストイヤーを迎え、慶大ラグビー部としての生活も残りわずかとなった。最後に、主務になるという選択は良かったかを尋ねると、田中主務は、はっきりとした口調でこう答えた。

「良かったと思います。選ばれた当時は思っていませんでしたが、みんなに選んでもらって、すごく自分としても成長できたし、今のチームの主務としていれるのは僕かなという自負はあります」。

時には母親のように選手を優しく支え、時には父のようにチームに欠けているものを厳しく指摘する。まさに、今の慶大にとって彼の存在は、慶大蹴球部の縁の下の力持ちでありながら、大黒柱をも務める非常に大きな存在だ。

対抗戦も残すところ2試合となった。明治大学戦は素晴らしい逆転勝利を収めたものの、チームは依然として負けられない試合が続く。

「日本一」という19年ぶりの悲願達成へ。田中主務は最後までチームのために、愛する仲間たちと共にラストイヤーを駆け抜ける。

文:菊池輝/写真:田中壱規、萬代理人(慶應スポーツ)

◆慶應義塾大学 関東大学対抗戦 放送予定
・11月23日(祝)午後1:50 慶應義塾大学 vs. 早稲田大学
※J SPORTS 1 生中継&J SPORTSオンデマンドLIVE配信
・12月01日(土)午前11:20 青山学院大学 vs. 慶應義塾大学
※J SPORTS 1 生中継&J SPORTSオンデマンドLIVE配信

慶應スポーツ新聞会

慶應スポーツ新聞会

慶應義塾大学文化団体連盟所属の公認サークル。通称ケイスポ。全40ある体育会の取材から記事の執筆、年7回の新聞製作まで全て学生の手で行う塾内唯一のスポーツ新聞サークル。部員数約50名、35年の歴史を持つ。»慶應スポーツWebサイト

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ