人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月10日

同志社、大学選手権出場へ絶対負けられない近大戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

一方、同志社は前節の勝利で開幕3連敗からの巻き返しを図る。3試合の中で負傷者を出した同志社だったが、立命館との対戦では選手を変えても戦力を落とすことはなく層の厚さを見せつけた。

‌近大のディフェンスに対して主将CTB(センター)山口修平と副将HO(フッカー)平川隼也の突破力が鍵となる。当たっても倒れない強固なフィジカルで一歩でも前に進みゴールラインまで迫っていく。

さらに注目は立命館戦で初の秋リーグ出場を果たし、先制トライをあげたFB(フルバック)南野仁と、最後まで走りきるスピード生かしたトライゲッターWTB(ウイング)高野蓮。

春のセブンズ近大戦、ディフェンスをかわす南野

南野は掴みにくいステップで相手ディフェンスをかわし、アタックの起点となる。2試合連続のトライに期待だ。

高野はスピードで相手を振り切り、関西学院大学戦で3トライをあげている。相手の隙に即座に反応し、圧倒的な速さでトライを取りきる力でチームに勝利をもたらす。

絶対に負けられない戦いなだけに、小さなミスで‌近大にチャンスを与えることだけは何としても避けたい同志社。展開ラグビーで圧倒し、立ち上がりから差をつけたいところだ。

立命館戦での苦しい時をしのいだディフェンスもチームの自信につながったはず。試合を楽しむことを大切に、選手権に向けてリーグ2勝目を掴みに行く。

同志社大学と近畿大学の試合は、11月12日(月)午後2:00から、J SPORTSオンデマンドで配信される。

文・於保いちこ/撮影・安本夏望、高里陽太(同志社スポーツアトム)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ