人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月6日

京都産業大学、近大に苦戦も開幕4連勝。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

ゴールラインへ駆け抜けるCTB田畑

栢本光(3年=天理)のコンバージョン成功で同点に追いつくと、続く5分、左サイドでパスを受けた田畑凌(4年=報徳学園)がディフェンスを振り払い前進。そのまま左中間へのトライを決めた。

赤紺の勢いは止まらない。8分にはゴール前中央ラックから赤松慎司(4年=尾道)がパスを出す。

受けた山内凌雅(3年=関大北陽)が近大ディフェンスに脚を取られながらもゴール中央に手を伸ばしトライ。22分には相手のノックオンに今節からスタメン復帰した濱田将暉(4年=京都成章)が反応。右サイドで押さえトライ。

30分、ファカイがもう一押し。ゴール前ラックから持ち出し何人もに食い止められるも、しぶとくトライを奪いとる。ゴール成功で17-43。20点以上の差をつけた。

後半ロスタイム、近大の猛攻を受け2トライを献上。しかし京産大も43分、ゴール前左端、中村悠人(3年=東海大福岡)が空中から宮崎達也(4年=伏見工業)にパス。宮崎は片手で華麗に受けると、ゴールラインに突き進む。

押して、押して。意地の一撃でトライを挙げた。前半、一時は引けを取った一戦だったが、終わってみれば48-29。後半で立て直し、流れをものに。開幕から4連勝となった。

試合後「不満が残る試合ではあったが、戦い方の再認識はできた」と語った指揮官。

上田克希主将(4年=東海大仰星)も「自分たちの甘さが出てしまっていた」と振り返り、「セットプレーをしっかり見直して精度をあげていきたい」と、次週以降続く上位チームとの戦い見据えていた。

次戦、迎え撃つのは開幕から3連勝、前節の同志社大学戦でも白熱した試合を繰り広げた立命館大学。これまでの勝ちから得たものをさらなる強みにつなげ、5連勝なるか。天理の地で赤紺が躍動する。

文/写真:山内美優(京産大アスレチック)

代替画像

京産大アスレチック

京都産業大学体育会本部編集局は年4回、「京産大アスレチック」という体育会の広報新聞を作成しています。また、SNSなどを活用し、試合速報やブログ記事の更新、号外・試合告知ポスターの発行を行っています。 »HP »Twitter »Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ