人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月2日

勝負の11月、全勝の明治は1敗の慶應義塾と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

今季の慶応はLO辻雄康を中心とした力強いFWとSO(スタンドオフ)古田京主将、FB(フルバック)丹治辰碩らタレント揃いのBKのバランスが取れたスキのないチーム。

前節の帝京大学戦では後半に王者を追い詰め、5点差の接戦を演じただけに油断は許さない。

FWがカギとなる

両校ともに脚力とテクニックを併せ持つBKを擁しているだけに、スクラム、ラインアウトのセットプレーが試合を左右する。伝統のFWがいかに攻撃の起点となれるかが今試合のポイントになるだろう。

対抗戦は慶応、帝京大、そして早稲田大学戦を残すのみとなった。「これだけ激しい試合ができる。あと3戦を一戦一戦楽しむ」とSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗渓学園)。

全勝優勝へ。2点差のリベンジを果たすため、〝重戦車〟で明慶戦を制する。

明治大学と慶應義塾大学の対戦は、11月4日(日)午前11:20から、J SPORTS 1で生中継。そして、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:上松凜助/写真:木村優美(明大スポーツ)

代替画像

明大スポーツ新聞部

1953年(昭和28年)創部。現在明治大学において唯一の学生新聞部。明治大学体育会43部の競技成績や、学内外の話題を幅広く紙面・WEBサイト上にて掲載、発信。 現在の部員数は56名。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ