人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月2日

開幕3連敗の同志社、ライバルとの「同立戦」に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

一方、同志社は先日の関西学院戦では、ロスタイムで失点を許し逆転負け。0勝3敗と自力での大学選手権の可能性はなくなり、残る4戦全勝が最低条件となった。

立命館のディフェンスに同志社の展開ラグビーをどこまで発揮できるかが勝敗の鍵となる。

立命のディフェンスを突破する永富

注目は高校時代に東福岡で古川とともにプレーし、全国優勝に貢献した副将CTB(センター)永富晨太郎。他選手も認めるラグビー理解度の高さを生かした的確なパス回しとキック、突破力が強みだ。

永富の攻撃で立命館のディフェンスラインに風穴を開け、アタックの突破口を作る。FWでは同じく副将のHO(フッカー)平川隼也に期待だ。

ラインアウトは安定しており、スクラムも毎試合手応えは感じている。セットプレーだけでなく、力強いアタックで自らも得点源となってチームを盛り上げる。

ここまで3試合、いずれも同志社のミスからの失点が目立った。今回も相手は連勝中で勢いに乗るチームだけに、自分たちのちょっとしたミスから流れを掴まれかねない。

しかし、気持ちを入れ替えて一から戦いに臨む同志社の底力は底知れない。実力をしっかりと試合で出すことができれば、大量得点も期待できるだろう。

同志社大学と立命館大学、伝統の「同立戦」は、11月4日(日)午後2:00から、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:於保いちこ/撮影:酒井華奈、高里陽太(同志社スポーツアトム)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ