人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月30日

優勝の行方を左右する東海vs.流通経済、全勝対決はドロー。ラグビー関東大学リーグ戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東海大WTBリードのプレースキック

さらにその直後の18分、東海大は敵陣ゴールでのラインアウトからモールを押し込み、ゲームキャプテンのHO加藤がトライ。WTBリードのゴールも入って14-7とリードする。

しかし、34分、流通経済大学も反撃し、FWでボールを継続、最後はPR井上が飛び込んでトライ。WTB韓のゴールも成功し、流通経済大が14-14と再び同点に追いつく。

前半終了間際の37分、東海大学はラックからSO(スタンドオフ)塚野武(3年)が左の裏へキックし、WTBリード素早く反応してこぼれ球を拾い、インゴールに飛び込んで再び逆転。リードはゴールを外したが、19-14で東海大学が5点のリードで前半を折り返した。

後半に入ってすぐ、負けている流通経済大は、CTBヴィリアメ・タカヤワ(2年)が前方へのキックパスを自らキャッチしフィールド中央に独走トライ。WTB韓のゴールも決まり、7点を追加し19-21と再び逆転する。

東海大HO加藤はこの試合ハットトリック

しかし、東海大学も8分、敵陣ゴール前でのラインアウトからモールを押し込み、再びHO加藤がトライ。WTBリードのゴールも加え、26-21と再度逆転。

流通経済大学も負けじと、12分にラインアウトからモールで押し込んでいき、HO林のトライで26-26とまた振り出しに戻すことに成功した。

東海大は22分にラインアウトからモールで押し込み、HO加藤がこの日ハットトリックとなる3トライ目を挙げて、WTBリードのゴールも決まり、33-26と再びリードを広げる。

流通経済大WTB韓のトライ

しかし、流通経済大も諦めない。29分にテンポよくパスをつなぎ、最後は左サイドにいたWTB韓がトライし、自身で難しい角度のゴールを決めて、33-33とまたしてもスコアをタイにした。

その後は、東海大学SO塚野がタッチキックをミスすると、流通経済大学がゴール前で攻め続ける時間帯が続く。PG(ペナルティゴール)のチャンスも狙わず、トライにこだわったが、東海大学の粘りのディフェンスの前に、ゴールラインを割ることができなかった。

結局、取って取られてのシーソーゲームの攻防も決着はつかず、33-33の引き分けでノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ