人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月9日

いきなりの強豪対決、同志社は2点届かず京産大に敗戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

ディフェンダーをかわしトライを狙う平川

後半は同志社が先制した。LO(ロック)平澤のビッグゲインから右に展開、HO(フッカー)平川がボールを持つと、力強いアタックで京産のディフェンスラインを壊しにかかる。

一度ラックでダウンボールすると、立ち上がり再び自らボールを持ってゴールラインまで一気に攻めた。

コンバージョンゴールも決まり2点差に迫ると、22分、敵陣5mライン付近の同志社ラインアウトからモールを形成。じりじりとインゴールまで押し込んでいく。最後は平川がしっかりと決め、右端からのコンバージョンゴールも成功。

FWでの逆転トライに歓声が上がった。このまま逃げ切りたかったが、簡単に許してくれないのが京産だった。

逆転した後も決して油断せずに攻め続ける同志社。SO(スタンドオフ)古城がディフェンダーをかわしながら突破を図る場面が何度も見られたが、38分に同志社はハンドの反則を取られて同志社陣での京産ラインアウトとなる。

モールが崩れると京産はラックサイドを攻め続け、最後はFL(フランカー)武田が逆転トライを決めた。

ロスタイムのアナウンスは3分。同志社がボールを獲得し、丁寧かつ果敢に攻め続けた。観客たちも両校の激しい攻防を見守る。3分が経ち、絶対にミスができない状況の中でホイッスルが鳴った。

同志社のノックオンで勝負あり。自分たちのミスでなかなか得点までつなげられなかった同志社は開幕戦黒星となった。

率直な敗因として「前半の自分たちのミス」(同志社主将・山口)。一時逆転したものの、序盤の失点が後にまで響いた。

課題とされてきたスクラムやディフェンスに関しては、モールでの失点はなく、逆に同志社のモールでのトライは大きな収穫となった。悔しい1戦となったが、今週末には関西王者・天理大学との戦いが待っている。

「次どれだけやれるかで真価が問われる」(萩井監督)。激しい戦いが予想されるが、下を向くことなく残りの試合も全力で戦い抜く。

文:於保いちこ/写真:安本夏望、上野孝輔(同志社スポーツアトム)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ