人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月9日

背水のNECが熱闘制す。トップリーグ第5節「NEC×NTTコム」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

真夏日も記録したこの日、後半はともに体力を削られる戦いが続いた。猛暑と闘い、ハンドリングミスが増えるなか、敵陣に攻め入ったNECは後半24分にペナルティを獲得。

ここで今季全試合に先発中の29歳、CTB森田キャプテンが、正確な右足でPG成功。リードを10点(34-24)に広げ、結果的にこれが勝負を分けた。

NTTコムは後半40分、執念でCTBブラッキン・カラウリアヘンリーがスコアしたが届かず。

NECが34-31で逃げ切り、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたPR瀧澤直が、試合後にホームファンへ感謝の言葉を届けた。

一方、敗れたNTTコムだが7点差以内のボーナスポイントは獲得。指揮官のロブ・ペニーHCは「アタックでミスを犯したことが敗因」と渋い表情だったものの、勝ち点「1」は積み上げた。

NTTコムの順位は勝ち点13のレッドカンファレンス4位。次戦は10月13日(土)、東京・秩父宮で昨季敗れたトヨタ自動車と対戦する。

勝利したNECは勝ち点9となり、2勝3敗としてレッドカンファレンス6位に浮上。上位トーナメント進出へ望みをつないだ。

土俵際で快心の攻撃力を見せつけたNEC。こちらも次戦は10月13日(土)、ふたたび千葉・柏の葉で日野と対戦する。カンファレンス上位4位入りへの闘いがさらに激しくなってきた。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ