人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月4日

連敗の筑波大学、正念場の明治大学戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

前半課題だったスクラム。早い段階での修正が必要

また、1列目の選手を全員入れ替えたことで、スクラムが一変した。前半とは打って変わって互角以上に押し合えるようになり、大きく士気が上がった。

後半24分、相手ゴール前でラインアウトからモールで押し込み反撃の狼煙を上げると、39分にもラインアウトを起点に最後はHO(フッカー)吉田隼人(同3年)がトライを決めた。

終了間際にも、CTB(センター)野中亮志(同3年)がディフェンスの間をすり抜けてトライを決めたが、逆転には至らずノーサイド。後半途中から流れをものにして反撃するも、一歩届かず24-35で敗北した。

第3戦の相手、明治大学は昨年全国大学選手権準優勝を果たした。さらに今年は王者・帝京大学に連勝し、勢いに乗っている。重戦車と称されるFW(フォワード)に加え、BK(バックス)もタレント揃いだ。

盤石の布陣を敷く明治大に対し、筑波大が試合を優位に進めていくことは難しい。だが筑波大にも、慶應義塾大戦の後半で見せた、取り組んできたことの徹底ができれば勝機はある。

FB(フルバック)前田土芽(同4年)は「コミュニケーションと意思統一を確実にすることで後半のような筑波のやりたいラグビーができる」と前を向く。選手たちの粘りに期待したい。

なお、筑波大学vs.明治大学の試合は、10月7日 (日) 午後1:50から、J SPORTS 4で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文/写真:明石尚之(筑波大学新聞)

筑波大学新聞

筑波大学新聞

筑波大学やつくば市内のニューズを扱う、筑波大学公認の新聞。発行は年7回で発行部数は2万部以上。取材や原稿執筆、紙面の作成などは学生中心で行う。»Twitter »Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ