人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月1日

オールブラックスが大会3連覇決めた!南半球4カ国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

さすがの攻撃力で11点差(17-28)に詰めるが、ギアを入れ直したNZは後半33分。

敵陣ゴール前スクラムを押してアドバンテージをもらうと、途中出場組のSOリッチー・モウンガのショートキックを、CTBアントン=レイナート・ブラウンが押さえ、勝負はあった。

攻撃的なタックル、圧倒的なスクラムで前半をノートライに抑え、後半は途中出場組が活躍する層の厚さも見せ、ギアを入れ直して突き放したオールブラックスが35-17で勝利。

4勝1敗の勝ち点21となり、勝ち点14で2位の南アフリカが逆転不可能に。NZの3年連続の載冠が決定した。NZは自国で南アフリカに敗れる波乱がありつつも、ラグビー最強国の名にふさわしい戦いを披露した。

これで優勝は決定したが、TRCは見逃せない最終節を残している。

2勝3敗となったアルゼンチンは、最終節で35年ぶりに敵地で下したオーストラリア代表“ワラビーズ”を自国に迎える。

そしてNZの相手は、第4節でプライドを傷つけられた南アフリカだ。ロフタス・バースフェルド・スタジアム(南アフリカ)でキックオフを迎える。

前回対戦で敗戦しているワラビーズとオールブラックスにとっては雪辱戦となる。最終節も火花散る熱戦が繰り広げられるはずだ。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ