人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月1日

オールブラックスが大会3連覇決めた!南半球4カ国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

一方のオールブラックスは3点を追いかけていた前半8分、WTBリーコ・イオアネのトライで逆転すると、同17分にWTBワイサケ・ナホロ、同30分にはWTBイオアネがこぼれ球を捕球し、この日自身2トライ目をスコア。

SOで先発したボーデン・バリットも、この日はプレースキック成功率100%と復調した。

前半37分、反則の繰り返しにより今大会初登場のCTBソニー=ビル・ウィリアムズが10分間の退場(シンビン)となったが、アルゼンチンは14人の黒衣軍相手に前半スコアできず。

前半は21-3でハーフタイムとなり、アルゼンチンは停滞ムードを抱えてロッカーに引き返した。

流れを引き寄せたいアルゼンチンだったが、序盤の相手ゴール前ラインアウトで痛恨のミス。

後半15分には、CTBウィリアムズのオフロードパスを受けたWTBイオアネが突破。新旧スターの豪華連係から、最後は投入されたばかりのパトリック・トゥイプロトゥが相手インゴールへ突進。28-3。

しかし窮地に追い込まれたアルゼンチンも反撃。後半18分にベテランSHトマス・クベッリ、同28分に身長191センチの新星FBエミリアーノ・ボフェリがトライ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ