人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月21日

トップリーグ第4節ピックアップゲーム「パナソニック vs. ヤマハ発動機」

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
五郎丸歩

第2節の五郎丸 歩

メンバーは、Honda戦から先発で4名の変更がある。FLはモセ・トゥイアリイからヘル ウヴェ、SOはニール・マレーから清原祥、WTBはゲリー・ラブスカフニから伊東力、そして、FBはマット・マガーンから五郎丸歩に代わる。ラブスカフニ、マガーンはリザーブに入っており、途中出場となるだろう。ニール・マレーは新加入のSOで清宮監督がチャンスを与えたようだ。今季は清原がファーストチョイス。山沢との対決は楽しみだ。

両チームは昨シーズンも同じカンファレンスで戦い、44-19でパナソニックが勝っている。そのときは前半はヤマハ発動機ペースだった。パナソニックは前半途中でベリック・バーンズが負傷退場し、山沢拓也が入る。後半開始早々、ヤマハ発動機HO日野剛志がキックチャージからトライし、19-6とリード。しかし、ここからパナソニックが猛反撃。山沢の防御背後への好キックなどもあって、逆転から一気に突き放した。さて、今年の対決はどんな展開になるのか。ヤマハスタイルはセットプレーが軸、パナソニックスタイルは防御からの切り返し、組織化されていないアンストラクチャーの攻撃が持ち味だ。どちらが、スタイルを正確にやり切るのか。どんなスコアになろうとも、得点までのプロセスを楽しめる試合になる。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ