人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年8月23日

【ザ・ラグビーチャンピオンシップ】アルゼンチン代表、ロス・プーマスの注目選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆アルゼンチン代表の新たなリーダー
 パブロ・マテラ(Pablo Matera)

所属:ジャガーズ
ポジション:FL(フランカー)
身長/体重:193cm/110kg
生年月日:1993年7月18日
キャップ数:49

今年からジャガーズの新キャプテンに任命されたのがFL(フランカー)パブロ・マテーラ。ボールキャリアや接点で常に身体を張ったプレーでチームに貢献し、今年はジャガーズを初のプレーオフ(ベスト8)進出へと導き、自らもシーズンの「ベスト15」に選出された。

2013年に20歳でアルゼンチン代表初キャップを獲得すると、そのシーズンはイングランドのレスター・タイガースに移籍。また、代表としても2015年のワールドカップに出場を果たした。2016年からアルゼンチンを本拠地とする、スーパーラグビーチームのジャガーズに加入するために帰国した。

それまでキャプテン経験はなかったものの、今年からジャガーズのスキッパーに任命されて素晴らしいシーズンを送っていたが、リーグ戦のシャークス戦での反則により出場停止となり、残念ながらプレーオフ準々決勝のライオンズ戦に出場は叶わなかった。

まだ25歳、アルゼンチン代表では今後も新たなリーダーの1人としてチームを牽引する一人となろう。

ラグビーを本格的に始めたのは16歳の時だったが、すぐに頭角を現し、アルゼンチン代表に入り、イングランドからのオファーを受けたという逸材。尊敬する選手はニュージーランド代表キャプテンNO8キアラン・リードだという。

◆アルゼンチン育成システムの傑作
 エミリアーノ・ボフェリ(Emiliano Boffelli)

所属:ジャガーズ
ポジション:FB(フルバック)/WTB(ウィング)
身長/体重:191cm/91skg
生年月日:1995年1月16日
キャップ数:14

23歳のWTBエミリアーノ・ボフェリが、今年のスーパーラグビーで大いにブレイクした。豪快なランだけでなく、191cmの身長を活かしてハイボールにもめっぽう強く、タックル力もあり、長距離のプレースキックも得意な新鋭で、アルゼンチンの育成システムで育った逸材だ。

なかでも決定力が魅力だ。2017年、トップチームデビューを果たし、スーパーラグビーでは6試合で3トライ、さらにアルゼンチン代表では初キャップとなったイングランド代表戦でいきなりトライを挙げて、ワールドラグビーのブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)の候補選手にもなった。

今年のスーパーラグビーではシーズン当初からレギュラーとして活躍し、チームのプレーオフ進出に貢献し、FB(フルバック)バウティスタ・デルギとともにチーム最多タイとなる10トライを記録。ジャガーズは契約を2021年まで延長したほど。

もちろん、アルゼンチン代表でもすっかり定位置を確保。ザ・ラグビーチャンピオンシップを経て、さらに2019年ワールドカップではどんなパフォーマンスを見せるのか楽しみでならない。

6人兄弟の末っ子で、4歳の時に3人の兄たち同様に、父親の影響でラグビーを始めた。プライベートではシャイな性格であり、甥や姪と遊ぶのが大好きだという。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ