人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年8月6日

王者の風格!クルセイダーズが2年連続9度目のチャンピオンに。スーパーラグビー2018

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

後半に入り、さらにショット成功で3点を失ったライオンズ。

同じく敵陣でペナルティを獲得するが、17点差(6-23)を詰めるべく、左ゴール前ラインアウトへ。

モールで押し込む正攻法を避けたライオンズだが、SOエルトン・ヤンチースの片腕一本のグラウンディングはトライラインに届かず。

直後に選択したスクラムでも、逆にペナルティを取られ、得点機にスコアすることができない。

手詰まり感が漂うなか、後半11分。

クルセイダーズのFLマット・トッドのタックルを解いて、ライオンズのFLブリンクが先発起用に越える突進。そのままインゴールへ突き抜け、10点差(13-23)に詰める。

このまま勢いに乗りたいライオンズ。

しかしボールを積極的に保持するクルセイダーズは後半22分。

FLトッドが、タックルミスを挽回する突進&オフロードパス。SHミッチェル・ドラモンドのトライ(ゴール)が生まれ、スコアは30-12に。

このまま大勢は変わらないと思われた後半26分。

ゴール前のディフェンスでCTBライアン・クロッティがシンビン(10分間の一時退場)となり、ライオンズに攻勢のチャンス。

直後に南アフリカ代表の至宝、HOマルコム・マークスがさすがの突進力で左中間に押さえ(ゴール失敗)、スコアは12点差(18-30)。

しかしこの日、たびたびクイックスローインで乱れた守備網を突いていたクルセイダーズは、後半30分。

クイックスローインから今季15トライのWTBジョージ・ブリッジがビッグゲイン。ラックを経由して最後はLOスコット・バリットが中央に押さえた。

ライオンズは残り4分でオブストラクションの反則によりボールを失い、勝負アリ。ラインアウトモールを完璧に封じ込まれ、その裏のサインプレーを試みるも得点はならず。

ボール支配率は全体を通してライオンズの方が上回っていたが(56%)、クルセイダーズが堅守からペースを握り、高精度な各種スキルで生まれたチャンスをものにした。

スーパーラグビー2018決勝のスコアは、37-18。

クルセイダーズ ライオンズ

スーパーラグビー決勝

クルセイダーズが本拠地で連覇を果たし、ロバートソンHCはホームファンの拍手のなか、円陣の中心でブレイクダンスを披露することができた。

クルセイダーズは2連覇を達成。かつてスーパーラグビーに君臨していた王者は、非の打ち所のないような完成度をもって完全に復活した。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ