人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年5月24日

「勝ち癖をつけた」筑波、開幕3連勝を賭けて法政と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

これで筑波大は開幕2連勝。春季大会前、「勝ち癖をつけたい」と語った主将の大西の思い通りにここまできている。

筑波大の武器になるラインアウト

古川拓生監督(体育系・准教授)も「やりたいことはできていた。特にラインアウトの守備など、相手の戦い方がわからない試合の中で、しっかりと対応していた」と評価した。試合経験の少ない選手が多い筑波大にとって、勝利は大きな自信になる。

だが、勝利に甘んじてはならない。ここまでの2戦ともに、相手はU20の合宿や教育実習で主力を欠いていた。古川監督は「本来の日体大ではないため、相手のプレッシャーが高くなかった」と冷静に語った。

プレーの精度もまだまだ磨く必要がある。あと一歩のところでノックオンなどのペナルティを貰ったり、パスミスから相手にトライを決められるなど、粗削りなプレーが目立った。

日本体育大戦では相手の留学生選手、NO8クリスチャン・ラウイに再三突破を許すなど、コンタクトの部分でも課題が残る。

次戦の相手は、筑波大が残す2戦で戦う中央大学と日本大学を下した法政大だ。法政大に勝つことは、優勝へ大きく近づくことを意味する。

次戦は主将の大西、副将の前田、BKリーダーの河野が教育実習のため欠場する。プレー、そしてメンタル面でチームの核として支えてきた3人の欠場は大幅な戦力ダウンだ。

一方、「実戦経験を積むことが今年の筑波大は一番大事」(古川監督)。勢いがある下級生が実践経験を積むチャンスでもあり、チームの底上げも期待できる。

展開力のある法政大に対し、全員がリーダーシップをとってピンチをチャンスに変えることができるか。筑波大の真価が問われる。

筑波大学と法政大学の対戦は、5月27日(日)午後0:00から、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文/写真:明石尚之(筑波大学新聞)

筑波大学新聞

筑波大学新聞

筑波大学やつくば市内のニューズを扱う、筑波大学公認の新聞。発行は年7回で発行部数は2万部以上。取材や原稿執筆、紙面の作成などは学生中心で行う。»Twitter »Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ