人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年4月28日

サンウルブズ、ニュージーランドの強豪に敗戦も着実に進歩

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

前半3分、ハリケーンズがボールを動かしトライと思われたが、その前のプレーでスローフォワードがあり、TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)の結果、ノートライとなる。

すると前半9分、サンウルブズが反撃し、ラインアウトを起点にボールを継続。

特にこの試合では、FWのピック&ゴーのアタックが効果的で、最後はこの試合で、2試合連続ゲームキャプテンを務めるFLピーター・ラピース・ラブスカフニが相手のタックルを外して中央左にトライ。SOヘイデン・パーカーのゴールも決まり、7-0と先制する。

前半15分、相手WTBジュリアン・サヴェアにトライを許し、7-7と同点に追いつかれるが、サンウルブズもすぐに反撃し、18分にSOパーカーがPGを沈めて、10-7と逆転に成功する。

ただ、ホームのハリケーンズは調子の良さを見せつけて、スクラムを起点に2トライを許してしまう。前半28分、スクラムからSOボーデン・バリットが切れ込み、内側をフォローしたSHフィンレー・クリスティーが中央左にトライ。

さらに39分にも、スクラムからNO8リード・プリンセプがブラインドサイドに飛び込んで、21-10とリードして前半を折り返す。

11点差のサンウルブズも後半、先にトライを挙げて得点差を縮めたかったが、ミスでチャンスを生かし切れずにいると2分、ハリケーンズFBジョーディー・バレットにビッグゲインを許し、トライを喫して10-26とリードを広げられてしまう。

相手がラインアウトで苦しんでいることや接点での反則もあり、敵陣でのアタック時間が続いたサンウルブズは、後半6分、16分とボールを継続してインゴールへボールを押し込んだが、相手のゴール前の粘りのディフェンスの前にTMOの末に残念ながらトライは認められなかった。

その後もモールと近場のFWのアタックを軸に攻め込むが、なかなかトライラインが遠く、苦しい時間帯が続く。そんな中、後半29分、相手のキックをサンウルブズCTBマイケル・リトルがラックを形成し、途中出場のSH流大がすばやく相手の背後にキック。

それに反応したWTB福岡堅樹がスピードを活かしてボールに追いつき、そのままインゴール左隅に飛び込んでトライ。

「流ともしっかりコミュニケーションが取れて、裏にスペースが空いていると分かっていたので、急いで戻ってそこを狙いに行きました」(福岡)。サンウルブズは-15-26と、点差を再び11点に追い上げる。

残り10分、早い時間にトライを挙げて逆転の可能性を見出したかったが、相手は、さすが一昨年の優勝チームだった。

サンウルブズのフィットネスと集中力が落ちたところを見逃さず、ボールをしっかりつないで、後半34分にはCTBヴィンス・アソ、37分にFLシールズ、39分には再びCTBアソにトライを決められ万事休す。

結局、後半最後の3トライが響き、7トライを喫したサンウルウブズは15-43とされ、そのままノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ