人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年4月26日

慶應義塾、初戦は大東文化とのリベンジマッチ。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

初戦の相手は大学選手権で敗れた大東文化大。いきなりのリベンジマッチだ。 大東文化大はLO(ロック)タラウ・ファカタヴァ、NO8(ナンバーエイト)アマト・ファカタヴァのファカタヴァ兄弟や、1年生ながらSH(スクラムハーフ)を任されていた南昂伸など、昨年のメンバーが多く残っている。

昨年のレギュラーメンバーから抜けたのはFW(フォワード)1人、BK(バックス)2人の計3人のみ。そのため、この時期から高いチーム力を持っているだろう。

対して慶大は、核となるポジションに大舞台を経験している選手たちが残っているが、それ以外のポジションは新戦力で戦うこととなる。

特に選手の入れ替わりが激しいのはFW陣。対抗戦で多くの試合を経験したのはLO(ロック)辻雄康(文4・慶應)のみだ。そのため、スクラムの仕上がりやラインアウトの精度は「まだまだ発展途上の段階」(中本慶太郎=HO・フッカー/経4・慶應)である。

昨年の大舞台で、大東文化大に圧倒されたスクラム。厳しい組みあいになると思うが、「FW陣全員で練習の合間の休憩時間などを使って追加練習」(中本)している成果をこの試合で発揮してくれるはずだ。

力のあるプレイヤーは複数人で止めたい

そのスクラムの優劣が勝敗を分ける大きなポイントになりそうだが、それだけではない。大東文化大のタラウ、アマトなど個の力の高い外国人選手への対応の良し悪しも試合に大きく関係しそうだ。

その外国人選手と東日本大学セブンズで対戦した金堂眞弥(環2・城南)は「やはり強いというのが最初に感じたことです」と話す。

しかし、「今日の試合(セブンズ)でもあったように2人、3人でかかっていけば止められると感じました」と話したように、必要な場面では1対複数人の状況を作り、慶大自慢の低いタックルで優位さを生み出したい。

簡単には勝つことができない相手に、慶大はこれまでの練習の成果を発揮し、勝利することができるだろうか。いよいよ慶大の春季大会が開幕する

慶應義塾大学と大東文化大学の対戦は、4月28日(土)午後1:00から、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:田中壱規/写真:田中壱規、川下侑美(慶應スポーツ)

慶應スポーツ新聞会

慶應スポーツ新聞会

慶應義塾大学文化団体連盟所属の公認サークル。通称ケイスポ。全40ある体育会の取材から記事の執筆、年7回の新聞製作まで全て学生の手で行う塾内唯一のスポーツ新聞サークル。部員数約50名、35年の歴史を持つ。»慶應スポーツWebサイト

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ