人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年4月23日

一時3点差。昨季王者クルセイダーズを苦しめたサンウルブズ。スーパーラグビー2018第10節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

しかし雨でハンドリングによるワイド展開が難しくなったことで、守備ラインを素早く上げる狼軍団のディフェンスが効果的となった。

前半29分にはゲーム主将のFLラブスカフニがピンチでボールを奪取するなど奮闘。混戦模様のまま前半を5-14で折り返した。

後半、サンウルブズが王者を3点差まで追い詰める。

後半1分、SOパーカーがペナルティーゴール(PG)を決めて6点差(8-14)。

プレーに精彩を欠くクルセイダーズを追い立てるサンウルブズは、後半10分に敵陣ゴール前スクラムでペナルティを獲得。

ここでSOパーカーがショットを成功させて、ついに3点差(11-14)に。戦前予想を覆すような戦いを披露した。

ここで勝負強さを発揮したのは、しかしクルセイダーズだった。

後半17分、CTBクロッティがDFライン内側を突破し、この日自身2トライ目をスコア。

後半22分にもDFライン内側に隙を見つけたSOデラニーが、WTBマナサ・マタエレへオフロードパス。独走トライが決まり11-26と突き放された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ