人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ピックアップ コラム 2019年3月28日

筋肉談義 ジャガー佐藤 × シエカ

筋肉を愛する男たち、女たち by J SPORTS 編集部
  • Line
マッスルコンテストジャパン2019の結果を見るふたり

シエカ: クラシック・フィジークのクラスもあって、出場者も多かったですし、男性も参加しやすいカテゴリーができているんだなと感じました。

ジャガー佐藤: 私も実際見たのは初めてでした。

シエカ: 女子ビキニ部門はとにかくきれいでしたね。フィジークから転向した宮田みゆき選手(女子ビキニノービスA優勝)はいかにもビキニという体になっていました。体の完成度は本当に高かったので、ポージングがもっとビキニっぽくなれば、見栄えがさらによくなるでしょうね。柳本絵美選手(女子ビキニノービスB優勝)もそつがなく、きれいに体を作っていましたし、ポージングも印象的でした。身長の高いカテゴリーで出場した五十嵐典子選手(女子ビキニクオリファイクラスD優勝)は手足の長さが存分にいきていました。個人的に気なったのは、赤尾季良吏選手(女子ビキニプロクオリファイC)。彼女はフォルムがきれいなので、フィジークでの姿も見てみたいと思いました。ポージングもクセがなくて本当に印象に残りました。プロカードを取得したヨーンナ・リー選手(女子プロクオリファイB優勝)はもう見ているみなさんも納得でしょう。

今回のコンテストの成功が次につながると語るジャガー佐藤さん

ジャガー佐藤: 男性で印象に残ったのはフィジークだと優勝した田本一選手ですね。

シエカ: フォルムがすごくきれいでしたね。

ジャガー佐藤: オーバーオールでは優勝できなかったんですけど、すごく体がまとまっていてフィジーカーらしいお手本のような選手でした。ただ、評価基準でいうと、もう少し筋量がないというところはあったかもしれません。今回は第1回目ということで、選手の方も大会の方向性をさぐりながらというところもあったでしょうし、実際に大会を見て、ルールがもっと明確になる必要があるかなとは思いました。そのあたりが回を重ねるごとにもっとわかりやすくなると、大会の価値もさらに上がっていくでしょう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ピックアップを応援しよう!

ピックアップの放送・配信ページへ