人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年11月20日

SUPER GT 第7戦:野尻智紀(No.8 ARTA NSX−GT)「最終戦は強い気持ちをしっかりと準備して臨みたい」

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

──そんな中、序盤に12号車の先行を許してしまいましたが、その時の心境はどのようなものでしたか?
野尻:(同じブリヂストンタイヤを装着する)12号車に行かれてしまったのはどうにかして取り返すしかないなと感じていましたし、(ファーストスティント担当の)福住(仁嶺)選手も責任みたいなものを感じながら乗っているんだろうなという気はしていました。ただ、前半のスティントはそれでも燃料をしっかりとセーブしながら前に喰らいついていってくれたし、タイヤの状況やドライビングに対してクルマのバランスがこうなるとか、オートポリス同様にそういう情報のフィードバックが逐一あったので、すごく安心して見ていられたというか、後半の僕のスティントに対してもすごく有益な情報が多かったんです。なので、なんとなくこういうクルマの動きだなということが想像できたし、僕自身はスティント序盤から比較的すぐクルマに馴染むことができました。

──ルーティンのピットインは23周終了時。同じ周、ひと足先にピットインした12号車を見据えてのことですか?
野尻:いや、いつ入れるかどうかは燃料的な問題がありました。なので、そういう部分で何周目がミニマム(ピットインできる最低周回数)になるかの判断はすごく難しかったんですが、あのとき19号車が(8号車の)前を塞いでいる状況だったので、(ピットインを)延ばすメリットはないですし、もてぎはなかなか抜きにくいのでその1周の1秒、2秒のロスタイムが12号車を追う上で大きなロスになると判断しました。急遽チームが判断してあの周にピットインさせたという感じですね。多分、バックストレートくらいまでは”BOX”(ピットインのこと)の指示はなさそうでしたが、僕はいつ(ピットに)入ってきてもいいように、そろそろそういう局面だと思っていたし準備もできていました。なので(ピットインは)割と瞬間的に決まったという感じです。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ