人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年11月18日

SUPER GT 第7戦:篠原拓朗(No.21 Audi Team Hitotsuyama)「チェッカーを受けたあと、チームに『本当に勝ったんですか!?』と確認した」

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

──2018年、チームのCドライバーとしてSUPER GTにスポット参戦した経験があります。同じチームでの優勝は大きな喜びですね。
篠原:2018年にチームに加入をさせていただいて、決勝を走ることはなかったのですが、2019年、20年とTCR ジャパン参戦のチャンスをいただいて。20年にそこでチャンピオンを獲ることができたので、今年は(SUPER GTでの)フル参戦の機会をいただき、そこで勝てたっていうのは、ほんとに僕としては非常にうれしいことですし、チームへは恩返しのひとつになったらうれしいなと思っています。最終戦の富士はチームの地元でもあるので、今回のもてぎのような走り出しからいいパフォーマンスを示して、いい結果で一年の締めくくりたいです。チームはじめスポンサーさん、ファンの皆さんと笑顔でシーズンを終えられるようなレースにしたいですね。

──最後に、この企画恒例の今日あった”ちょっとした幸せ”を教えてください。
篠原:今、食べるご飯がいつも以上にうれしいです。心のゆとりじゃないですが、今すごくハッピーなので。たとえば、ちょっと時間がなくてコンビニのご飯もすごくいつもより美味しいかもしれないと思ったりとか、ちょっと睡眠時間が短くても、起きたら眠さよりも『まぁ一日がんばろう』とちょっといつもよりポジティブになれている気がします。今日だけでなく、(優勝の喜びで)今はつねに幸せみたいな気がしています。もちろん、このインタビューも! 今回こういう結果にならなければこのインタビューもなかったことですし、そういうことも含めて今すべてのことがうれしいです!

【SUPER GT あの瞬間】

SUPER GT 第7戦:篠原拓朗(No.21 Audi Team Hitotsuyama)

文:島村元子

島村元子

島村 元子

日本モータースポーツ記者会所属、大阪府出身。モータースポーツとの出会いはオートバイレース。大学在籍中に自動車関係の広告代理店でアルバイトを始め、サンデーレースを取材したのが原点となり次第に活動の場を広げる。現在はSUPER GT、スーパーフォーミュラを中心に、ル・マン24時間レースでも現地取材を行う。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ