人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年11月18日

SUPER GT 第7戦:篠原拓朗(No.21 Audi Team Hitotsuyama)「チェッカーを受けたあと、チームに『本当に勝ったんですか!?』と確認した」

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

──クラストップに立ったあと、頭の中では何を考えて走っていたのですか?
篠原:何を考えていたかと言われると……ちょっと難しいんですが、前のクルマに追いついたってことは、ペースも良かったということなので、とにかく(後続を)引き離せるように……ただ引き離すためにもちろんがんばらなきゃいけないんですけど、そこでへんなミスをしないようにとにかく集中して走りました。ここ6戦、決勝中にペースを落とすタイミングで(GT500に)抜かせてしまったり、いろいろ難しいことがありましたが、今回はその辺も含めていつもよりだいぶ良かったと思います。自分でも驚くくらい悪いことが起きなかったというか、すべてがいい方向に働いたという感じがします。

トップチェッカーを受ける21号車

トップチェッカーを受ける21号車

──トップをキープしたまま迎えたファイナルラップ。気持ちはうまくマネージメントできたのでしょうか?
篠原:ずーっと緊張はしてました。特に残り5ラップくらいからは、よりその辺で気を使う部分が増えました。ただ、逆にある程度ギャップがあったので、そのおかげで最終ラップは落ち着いて走ることができたかなと思います。勝てたんだな、と思ったのはチェッカーをくぐってコース1周まわったあと、チームスタッフや川端選手の顔を見て喜んだときです。実感が湧いてきました。(チェッカー受けた瞬間は)うれしかったんですけど、ちょっと実感が湧いてこなくて……。チェッカーを受けたあともチームに『本当に勝ったんですか!?』って(無線で)確認しちゃいました。うれしいけれどちょっと半信半疑というか、不思議な感覚で1周をまわって……みんなの顔を見たときに、『あぁ、ほんとに勝てたんだな』という気持ちになりました。

──優勝会見後、ピットに戻る間、他チームの関係者からもたくさん祝福の声をかけられてしました。感極まったのではないですか?
篠原:(パドックには)SUPER GTでは違うチームであっても、スーパー耐久や他のカテゴリーでお世話になったいろんな方がおられたので、そういう方に喜んでいただけたのもうれしかったですね。(初優勝の涙はなかったようだが!?)ほんとは、チェッカーを受けて川端選手の姿を見たら(涙が出て)……という感じだと思うんですが、まだ半信半疑の気持ちが大きかったもので……(苦笑)涙が出てこなくて、不思議な気持ちっていうのが一番正しい言い方なのかなと思います。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ