人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年7月16日

涙の初優勝も今となっては“通過点”、60号車の河野駿佑が見据える「その先」

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

初優勝の直後は涙が止まらない様子だった河野駿佑だが、レースを終えて少し時間が経つと、すぐに“次のこと”に照準を合わせていた。

「昨年の苦しい状況から、こんなコメントができるとは思ってもみませんでしたが、今回の優勝はある意味で通過点だと思っています。だから、次からは気を引き締めていきたいです。」

「クルマは触れるところはいっぱいあるので、これからもっと良くなっていくでしょうし、ダンロップタイヤさんと協力して、もっと良いタイヤを作れるようにしたいです」

「ここがゴールじゃないのです。2勝目・3勝目も狙っていきますし、とにかく(ポイントの)取りこぼしなく戦っていって、最後にチャンピオンが獲れれば最高だと思っています。このあとのレースも戦いたいなと思います」

今回のもてぎ大会では、69kgものサクセスウェイトを積んで戦うこととなる60号車。周りはウェイトが軽いチームが多いため、今回は上位争いに加わるのはハードルが高そうではあるが、第2戦の初優勝で、河野駿佑の中で何かが変わったのは確か。今後の彼の走りから、目が離せない。

文:吉田 知弘

吉田 知弘

吉田 知弘

幼少の頃から父親の影響でF1をはじめ国内外のモータースポーツに興味を持ち始め、その魅力を多くの人に伝えるべく、モータースポーツジャーナリストになることを決断。大学卒業後から執筆活動をスタートし、2011年からレース現場での取材を開始。現在ではスーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久、全日本F3選手権など国内レースを中心に年間20戦以上を現地取材。webメディアを中心にニュース記事やインタビュー記事、コラム等を掲載している。日本モータースポーツ記者会会員。石川県出身 1984年生まれ

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ