人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年6月25日

2021スーパーフォーミュラ第4戦レビュー|福住仁嶺、数々の失敗を糧に掴んだ“恩返しの瞬間”

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

ただ、次の瞬間に福住の目に飛び込んできたのは、苦しい時でも共に努力を続けてくれたダンディライアンのスタッフたちの姿だった。

「(チームの)皆さんの顔が見えて……。一番感動したのは杉さん(杉崎公俊エンジニア)の涙でした。僕と同じ想いでずっとやってくれていましたし、走っている側と見ている側で色んな感情が出てしまったと思います。本当に安心しました。あの場で喜ぶことができて、皆さんの拍手してくれる姿も見えて……(1位を獲るのは)やっぱり気持ちいいですね!」

これまでは、レース後に福住のところへ取材に行くと、ほぼ8割近い確率で落ち込んだ姿をみてきた。だが、今回は念願の表彰台の中央にたち、何度も笑顔でガッツポーズするシーンはもちろんのこと、記者会見を終えてチームのピットに帰る時には、どこか新たな自信を手にしたような姿が垣間見えた。この1戦が彼のレース人生の中で、ひとつのターニングポイントになることは間違いないだろう。

そしてレース後に取材している中で特に印象的だったのが、彼の口から“感謝”というキーワードがたくさん聞こえてきたことだった。

今年2月には自動車系YouTuberとして活躍する佐藤あやみさんと結婚した福住。シーズン開幕以降も家族の支えの重要さに関するコメントを何度もしていたのだが、パルクフェルメでのインタビューで、改めて感謝の気持ちを伝えていた。

さらに今大会では、カート時代にお世話になった恩師のヘルメットのレプリカデザインを自身のヘルメットで採用しレースに臨んでいた。元気なうちに恩返しをしたいという思いからだったのだが、見事にそれも達成することができたのだ。

「結婚して、支えてくれている妻に感謝の気持ちでいっぱいです。今回使用したヘルメットも、カート時代の恩師への感謝の気持ちを込めて、今回から導入しました。そのタイミングで優勝できて、本当に良かったです」

「常にどんな状況でも、お世話になっている皆さんに感謝してレースはしていますが、こうして勝つことによって、恩返しというか、最高の結果を報告することができて良かったです」

初優勝を飾っても、支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに……福住仁嶺の挑戦は、まだまだ続く。

文:吉田 知弘

吉田 知弘

吉田 知弘

幼少の頃から父親の影響でF1をはじめ国内外のモータースポーツに興味を持ち始め、その魅力を多くの人に伝えるべく、モータースポーツジャーナリストになることを決断。大学卒業後から執筆活動をスタートし、2011年からレース現場での取材を開始。現在ではスーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久、全日本F3選手権など国内レースを中心に年間20戦以上を現地取材。webメディアを中心にニュース記事やインタビュー記事、コラム等を掲載している。日本モータースポーツ記者会会員。石川県出身 1984年生まれ

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ