人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年10月29日

FCY

今日も今日とてプッシュ&ルーズ by 高橋 二朗
  • Line

ニッサン勢による1-2は、2015年の第7戦SUGO以来。奇しくもその組み合わせは同じ。1位はMOTUL AUTECH GT-R(松田 次生、ロニー・クインタレッリ)、2位はカルソニック IMPUL GT-R(安田 裕信、J.P.デ・オリベイラ)だった。

大逆転劇は、第6戦の大団円としては、素晴らしいプロットであったと思う。そかし、敢えて苦言を申し上げたい。昨年の第5戦富士でもSC導入の直前のタイミングにピットインして優勝したのが6号車。それがチャンピオンへの大きな足掛かりとなった。このSC導入直前にピットインできるかどうか(ドライバーの最低義務周回数をクリアーしていて)が勝敗に大きく影響する。これはラッキーか、そうではないか。つまり運があるか、ないかである。

現在、GTAでは、コース上でアクシデントが起きた場合に全車に80Km/h走行の指示を出すフルコースイエロー=FCYのシステム導入を進めている。これが完全な改善策ではないかもしれないが、現行のSCよりも偶然性を少なくするのではないだろうか。

文:高橋 二朗

高橋 二朗

高橋 二朗

日本モータースポーツ記者会。 Autosport誌(英)日本特約ライターでもあり、国内外で精力的に取材活動をするモータースポーツジャーナリストの第一人者。1983年からルマン24時間レースを取材。1989年にはインディー500マイルレースで東洋人としては初めてピットリポートを現地から衛星生中継した。J SPORTSで放送のSUPER GTのピットレポーターおよび、GTトークバラエティ「GTV」のメインMCをつとめる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ