人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年7月27日

2020第1戦レビュー|スープラ完全制覇で始まった2020年。その裏で徹底されていたコロナ対策

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

一方、この暑さが“誤算”となってしまったのがホンダ勢。タイヤ選択という部分もそうなのだが、暑いコンディションになった時にマシンのパフォーマンス面でライバルに劣ってしまう部分があったようだ。

「今まででは気温が低い状況下でテストをすることが多かったです。そうするとダウンフォース量が上がったり、タイヤもそんなに辛い状況にならないので、すごくグリップしていました。でも、今振り返るとセパンテストでは(ライバルと比べて)劣勢だったかなと思うことがありました。少し気温が上がってきたときの対応がもう少し必要なのかなと思います」

そう語るのはNo.8 ARTA NSX-GTの野尻智紀。予選2番手からスタートするも、決勝は苦しい展開となり8位でフィニッシュ。「想像以上に厳しかったです。決勝での彼ら(スープラ勢)のポテンシャルの高さには、かなり衝撃を受けました」と、落胆しているのと同時に悔しさを噛みしめている様子だった。

さらに野尻はこう続けた。

「昨年のLC500もそうでしたが、レースになると強いという印象でした。今回のスープラも同じでクルマの姿勢の乱れも極力少なくなっていました。それに対してNSX-GTはピーキーさを感じるところがありました。乗っていてもそうでしたし、実際に映像を見直してもそうでした。でもレースで感じたピーキーさが予選では逆に良い方向に機能しているのかもしれません。実際に回頭性が出てコーナリング面でスープラよりも速く走れているという感触はありますが、レースではうまく機能しないような要因にもなっているのかなと思います。そうの辺は、もう少し“マイルドさ”みたいなものを高めていかないと、こういう夏場のレースで苦労してしまうなという印象でした」

タイヤのセッティングに悩まされた8号車(ARTA NSX-GT)。フロントローからのスタートだったが、結果は悔しい8位。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ