人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月29日

SUPER GT第3戦 鈴鹿サーキットレビュー

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

au TOM’S LC500が一度もトップを譲らず、完全勝利を飾る!

SUPER GT第3戦 鈴鹿サーキットレビュー

今年初めて県警のパトカー、白バイによるパレードランが行われた決勝レース。というのも、前2戦はいずれも雨に見舞われ、セーフティカー(SC)スタートとなっていたからだ。上空には若干の雲が残るも、雨の心配はないという。ようやく終始ドライコンディションでの戦いとなりそうだ。
その決勝レースのスタートを決めたのは、au TOM’S LC500の中嶋で、続いたのはKeePer TOM’S LC500の平川。この2台がまずは逃げる格好でレースは開始された。その後方にはARTA NSX-GTの伊沢が、そしてカルソニックIMPUL GT-Rのジェームス・ロシターとWAKO’S 4CR LC500の山下健太が争いながら続いていく。
4番手が入れ替わったのは、6周目のストレート。シケインでのロシターのミスを、山下が見逃してはくれなかった。この2台はGT300車両の処理に手間取った伊沢を7周目にかわして、それぞれひとつずつポジションを上げてもいた。山下はやがてロシターとの差を広げるようになり、TOM’Sの2台にも迫っていくように。18周目に入ると、山下は平川の背後にまでつけるようになっていた。
19周目にSCがコースイン。10番手を走っていたMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリが、130Rでクラッシュしていたからだ。幸い、クインタレッリに怪我はなく、「フロントの右タイヤがバーストして、コントロールを失ってしまった」ことが明らかになる。
一方、これで3秒以上あったリードを失った中嶋ながら、23周目のリスタートを完璧に決め、後続を寄せつけず。24周目にはトップのau TOM’S LC500と3番手のWAKO’S 4CR LC500が同時にピットイン。関口は大嶋和也の前でコースに戻ることとなる。「今まででいちばんいいアウトラップができた」と関口。
その1周後にKeePer TOM’S LC500がニック・キャシディに交代。関口の前でコースに戻ったものの、直後の2コーナーで姿勢を乱して先行を許し、S字では大嶋にも抜かれてしまう。タイヤが温まっていないと、それほど厳しいのかを改めて感じさせる一幕でもあった。だが、28周目には関口の背後に大嶋とキャシディが急接近。激しいトップ争いは、レースのハイライトともなった。まずは30周目のシケインで、キャシディが大嶋をかわして2番手に浮上。そのキャシディは続いて関口にも迫ったが、32周目にキャシディは大嶋に再び抜かれてしまう。130Rでオーバーランがあって、失速していたのが原因だ。

K-tune’s RC F GT3が鈴鹿で2連勝、新田が最多勝記録をまたも更新

SUPER GT第3戦 鈴鹿サーキットレビュー

GT300はHOPPY 86 MCの佐藤が1コーナーへのホールショットを決め、これにK-tune’s RC F GT3の新田が続いた一方で、ADVICSマッハ車検MC86マッハ号の平木は1周目だけで5番手に、そして次の周にはもう1台に抜かれていた。だが、これは想定の範ちゅう。「あらかじめタイヤ無交換の予定だったので、タイヤの内圧を低めにしていたのと、『無理しなくていいよ』と言われていたから」と平木。15周目のS字では、ひとつ順位を上げていた。
なんとか逃げたい佐藤に続いていたのは、K-tune’s RC F GT3の新田、そしてSUBARU BRZ R&D SPORTの山内だ。後続を引き離し、それぞれ見える距離でのバトルを繰り広げる。そんな中、GT300では18周目からSCランが。レースは1/3を過ぎており、本来ならばピットに戻っていいタイミングながら、規定により認められず。SCラン明けの21周目、HOPPY 86 MC、ADVICSマッハ車検MC86マッハ号が同時にピットイン。
それぞれ松井、坂口に交代し、タイヤは無交換。24周目にK-tune’s RC F GT3が阪口に交代し、タイヤを4本換えてなお、30周目にはこの2台の間に割って入ることに成功する。その前の25周目にはSUBARU BRZ R&D SPORTも井口卓人に交代し、こちらはリヤの2本だけを交換。
大量のリードを築いていたこともあり、難なく逃げ切りを果たすと思われていたHOPPY 86 MCながら、どうにも松井のペースが上がらない。徐々にK-tune’s RC F GT3の阪口が差を詰めていき、42周目の1コーナーでこそ逆転を許さなかった松井ながら、ついに堪えきれずデグナーの進入で逆転を許す。阪口が一時は20秒近くあった差を詰めた格好だ。
一方、44周目の2コーナーでADVICSマッハ車検MC86マッハ号の坂口が、GT500車両に追突されてスピン。その直後にSUBARU BRZ R&D SPORTの井口に交わされてしまう。だが、次の周の1コーナーで坂口は最逆転に成功。まだまだ余力は残していたようで、そのまま松井にも迫っていく。
最終ラップには松井と坂口、そして井口がついに縦一列に。実はHOPPY 86 MCは直前からガス欠症状に見舞われており、松井がだましだまし走っていたのだが、決定的な症状が最後の最後のシケインで発生してしまう。完全に失速した状態の中、脇を坂口と井口のみならず、グッドスマイル初音ミクAMGの谷口信輝にもかわされてしまう。なんとかARTA NSX-GTの高木真一には抜かれずに済んで5位でのフィニッシュとなったが、ゴールラインがあと数10cm先だったら、どうなっていたことか……。
その一方で、新田と阪口のK-tune’s RC F GT3は、難なく逃げ切り成功。23秒もの大差をつけ、開幕戦以来の勝利を獲得してランキングのトップにも浮上する。新田は自身の持つGT300の最多勝記録を、22勝にまで伸ばすこととなった。「岡山では僕ひとりで勝ったので、こうやって今回は晴南と一緒に走って勝てて本当に嬉しい」と新田。そして阪口は「今はいい疲労感と達成感を感じています。タイヤ戦術は正解じゃないかと。徐々に差は詰まっていったんですが、『追いついたらスパッと抜け』という(影山正彦)監督の教えを守って。トップに立ってからはクルマをゴールまで運ぶことに専念できました」と語っていた。
 2位のADVICSマッハ車検MC86マッハ号の坂口と平木は、これが初めての表彰台。チームにとっても、久々の大量得点となっていた。

秦 直之

秦 直之

大学在籍時からオートテクニック、スピードマインド編集部でモータースポーツ取材を始め、その後独立して現在に至る。SUPER GTやスーパー耐久を中心に国内レースを担当する一方で、エントリーフォーミュラやワンメイクレースなど、グラスルーツのレースも得意とする。日本モータースポーツ記者会所属、東京都出身。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ