人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月17日

SUPER GT2019 第1戦レビュー

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

K-tunes RC F GT3がチーム地元の岡山で逆転勝利

GT300では最初にSCがコースを離れた直後に、アクシデントが発生した。5番手を走行していたHOPPY 86 MCが1コーナーでスピン。ADVICSマッハ車検MC86マッハ号の平木湧也が避け切れず接触。2台はともにリタイアとなってしまう。車両回収のため、SCが導入される。バトル再開は10周目。

SUPER GT2019  第1戦レビュー

トップを争うARTA NSX GT3の高木、そしてK-tunes RC F GT3の新田のペースは明らかに後続を上回り、早々に引き離すことに。そんな中、12周目の1コーナーで縁石に乗って、わずかながらも姿勢を乱した高木を、新田は逃さずとらえ、トップ浮上に成功する。

そして13周目のモスSで、2度目のアクシデントが発生。星野一樹の駆るGAINER TANAX triple a GT-R、そしてJ.P.デ・オリベイラの駆る話題のニューマシン、D’station Vantage GT3を含む3台が激しいクラッシュを喫したのだ。クラッシュパッドやパーツが激しく散乱したことから、SC出動となり、間もなく赤旗が出されてレースは中断。それぞれマシンのダメージはひどかったが、ドライバーは無事だったのは不幸中の幸いだった。

約40分間の中断の後、再びSCの先導でレースは再開されて、19周目から再びバトルが。新田と高木が逃げる状況に変化はなく、3番手を行く埼玉トヨペットGBマークX MCの脇阪も、やがて単独走行になっていく。対照的に激しさを増していったのは、リアライズ日産自動車大学校GT-Rの平峰一貴、GAINER TANAX GT-Rの平中克幸、SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝による4番手争いだった。この戦いを制したのは、山内で23周目にポジションを上げた。その直後に、GT500のトップ争いで接触があり、4回目のSCランが。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ