人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月11日

SUPER GT第1戦プレビュー 栄冠をつかむため、開幕ダッシュを果たすのはどのチームか?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

一方、レクサス陣営では残る3チームすべてに入れ替えがある。まずDENSO KOBELCO SARD LC500のヘイキ・コバライネンのパートナーが、GT300から初昇格の中山雄一に。さらに昨年の全日本F3チャンピオンでもある坪井翔も、GT300からの昇格が許され、国本雄資とともにWedsSport ADVAN LC500をドライブすることとなった。そしてWAKO’S 4CR LC500には山下健太が移籍し、大嶋和也と新たなコンビを組む。
ニッサン陣営で体制不動なのは、MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/ロニー・クインタレッリ組だけで、残る3台には大改革という印象も……。まず本山哲が一線を退き、ニッサン陣営のエクゼクティブアドバイザーに就任。その本山が走らせていた、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rをドライブするのは、平手晃平とフレデリック・マコヴィッキィのふたり。ワンクッション置く形とはなったが、元トヨタ陣営のドライバーと元ホンダ陣営のドライバーである。そして、カルソニックIMPUL GT-Rは佐々木大樹が残留、新たなパートナーとして選ばれたのはジェームス・ロシターで、彼もまた昨年までトヨタ陣営に属したドライバーだ。リアライズコーポレーションADVAN GT-R(KONDO RACING)は高星明誠が残留し、ヤン・マーデンボローと新たに組むこととなった。
ここ数年、ドライバーのシャッフルはごく普通に行われてきたが、他陣営のドライバーを引き入れるあたり、よほど昨年の悪しき記憶を払拭したいのだろう。だが、ことカルソニックINPUL GT-Rに関しては、さっそく効果を発揮している印象がある。3月16?17日に岡山で行われた公式テストではトップタイムをマークしているからだ。全体的にテストではニッサン陣営が好調で、いい意味での化学変化が起こったということか。

昨年優勝のホンダ陣営が奮わず……

公式テストで2番手につけたのはWAKO’S 4CR LC500、次いでau TOM’S LC500、ZENT CERUMO LC500と、レクサス陣営も悪くない。その一方で、明らかに不調と言わざるを得ないのがホンダ陣営である。最上位はARTA NSX-GTの8番手で、残る4台は揃って下位に沈んでいる。昨年もKEIHIN NSX-GTが優勝を飾っているコースである、相性が悪いはずがないのだが……。
まぁ、テストはあくまでもテストであって、必ずしも速さを極めず、決勝での安定感を求めているケースも多々あることだ。さらにテストが行われた2日間は天候が不順な上に気温が低く、本戦に向けたセットアップがしにくかったという背景もある。それにしても。
一説にはハンデ対策と言われ、ミッドシップであるNSX-GTにハンデを課すべきか、との議論真っ只中に本来の速さを見せてしまえば、元も子もないと。その一方で、オールシーズン安定したエンジンとするべく、特性を大幅に改めたという技術者の声もあるとはいえ。
そうは言えども、カルソニックINPUL GT-Rが有利なのは間違いない。ただ、それ以外は予測困難と、こと開幕戦だけに言わざるを得ない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ