人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年3月30日

SUPER GT第1戦プレビュー 今年のGT500に、「絶対!」はあり得ない?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

続いてニッサン陣営だが、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは本山哲と千代勝正のコンビは不動のままだが、体制は一新。従来のMOLAからB-MAX RACINGに改められた。ドライバーとチームのコミュニケーションは、併せて活動するF3で本山も千代もアドバイザーとして帯同していたことから問題はないはず。GT300で優勝経験もあるチームだから、技術力にも問題はないはずだが、新たに挑むGT500との勝手の違い、これが少々気になるところではある。

MOTUL AUTECH GT-Rは、松田次生とロニー・クインタレッリのコンビで不動のまま。昨年の最終戦の勢いが残っていれば、王座奪還の可能性はぐっと高まるはずだ。ひとつ不思議だったのは、岡山の公式テストに続いて行われた、富士でもカラーリングが施されていなかったこと。なんらかのサプライズが用意されているだろうか?

一方、カルソニックIMPUL GT-Rには佐々木大樹が加入してヤン・マーデンボローと、そしてフォーラムエンジニアリングADVAN GT-RもGT300からステップアップの高星明誠がジョアオ・パオロ・デ・オリベイラと、それぞれ新たなコンビを組むこととなった。ひとつ気になるのは、オリベイラがモラルハザードポイントの蓄積により、公式練習の最初の1時間を走れなくなったことだ。経験の少ない高星の負担が増えることが、どう影響を及ぼすか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ