mas o menos

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。
放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。

マッチプレビュー 2015年04月18日

J2第8節データプレビュー(2015)

mas o menos
  • Line

もう6分の1は終わっちゃってます!


マル数字は
①古巣対決②元チームメイト③Jリーグ以前のチームメイト
④地元凱旋⑤その他⑥誕生日、となっており、
①のカッコ内は在籍年次、③のカッコ内は学年の関係性、にしてあります。
また、④がはアウェイチーム限定のデータで
出身地かJリーグ以前の出身チームが
ホームチームの所在都道府県と重なっている場合を該当としています。
⑥の"誕生日"は試合前日、当日、翌日に誕生日を迎える選手のみ
掲載することにします。


では、第8節のデータをどうぞ!


【4月19日(日)】
13:[email protected]札幌ドーム
コンサドーレ札幌×水戸ホーリーホック

①菊岡拓朗(08-09・水戸)、柱谷哲二監督(02・札幌監督)
②河合竜二×本間幸司=浦和
 都倉賢×キム・ソンギ+三島康平+馬場賢治=神戸
 稲本潤一+福森晃斗+薗田淳×田中雄大=川崎
 菊岡拓朗×田中雄大=栃木
 杉山哲×小谷野顕治=鹿島
③沖田優コーチ×西ヶ谷隆之コーチ+河野高宏GKコーチ=筑波大
 (沖田コーチと西ヶ谷コーチがコーチ、河野コーチが選手)
⑤前田俊介×船谷圭祐=05年ワールドユース日本代表のチームメイト


13:[email protected]石川県西部緑地運動公園陸上競技場
ツエーゲン金沢×カマタマーレ讃岐

②森下仁之監督×高橋泰=福岡
 川本良二GKコーチ×木島良輔=大分
 作田裕次+秋葉勝×清水健太=山形
 秋葉勝×永田亮太+高木和正=山形
 チャ・ヨンファン×高木和正=栃木
 太田康介×木島徹也+木島良輔=町田
 清原翔平×大沢朋也=SAGAWA SHIGA FC
 水永翔馬+原田欽庸×岡村和哉+山本翔平=長崎
 廣井友信×仲間隼斗+岡村和哉=熊本
 原田欽庸×小澤雄希=水戸
③大橋基史×堀河俊大+瀬口拓弥=流通経済大
 (大橋が瀬口の1年、堀河の2年先輩)
 

13:[email protected]ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田×東京ヴェルディ

①名波浩監督(07・東京V)、
 小林祐希(10-12・東京V、東京Vジュニアユース&東京Vユース)、
 上田康太(東京Vジュニア出身)
②小林稔コーチ×土肥洋一GKコーチ=FC東京
 太田吉彰×田村直也=仙台
 伊野波雅彦×中後雅喜=鹿島
 森下俊×柴崎貴広=横浜FC
③田中裕人×安田晃大=G大阪ジュニアユース&G大阪ユース
(安田が1年先輩)
⑤牲川歩見×高木大輔=11年U-17W杯日本代表のチームメイト


13:[email protected]岐阜メモリアルセンター長良川競技場
FC岐阜×栃木SC

①岡根直哉(14・栃木)、難波宏明(02・栃木)、
 菅和範(08-11・岐阜)、西川優大(09-11・岐阜)、
 永芳卓磨(09-11・岐阜)
②ラモス瑠偉監督+慶越雄二GKコーチ×森下申一GKコーチ=京都
 慶越雄二GKコーチ×上野優作ヘッドコーチ=福岡
 米田徹コーチ×桜井繁=甲府
 川口能活×本橋卓巳コーチ=横浜FM
 川口能活×森下申一GKコーチ+竹重安希彦=磐田
 高木和道+深谷友基+宮沢正史×永芳卓磨=大分
 高木和道×松村亮(2種登録)=神戸 
 高地系治+難波宏明×荒堀謙次+中野洋司=横浜FC
 高地系治×廣瀬浩二=鳥栖
 難波宏明×尾本敬=水戸
 常澤聡×尾本敬=草津
③深谷友基×廣瀬浩二=阪南大(深谷が1年先輩)
 関田寛士×河本明人+中美慶哉=流通経済大
 (関田が河本の1年、中美の2年先輩) 
 苅部隆太郎×阪野豊史=明治大(阪野が2年先輩)


14:[email protected]シティライトスタジアム
ファジアーノ岡山×ロアッソ熊本

①篠原弘次郎(14・熊本)
②牧内辰也コーチ×小野剛監督+高柳一誠=広島
 中林洋次×高柳一誠+平繁龍一=広島
 牧内辰也コーチ×園田拓也=山形
 富永康博GKコーチ×岡本賢明=札幌
 中林洋次×アンデルソン=鳥栖
 竹田忠嗣+久保裕一+伊藤大介×巻誠一郎=千葉
 渡邊一仁×園田拓也=愛媛
③千明聖典+関戸健二×藤本大=流通経済大
 (千明が関戸の2年、藤本の3年先輩)
 関戸健二×鈴木翔登+中山雄登=流通経済大
 (関戸が中山の2年、鈴木の3年先輩)
 田中奏一×常盤聡=FC東京U-18(常盤が2年先輩)
⑤加地亮×巻誠一郎=06年W杯日本代表のチームメイト


14:[email protected]ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC×V・ファーレン長崎

①高木琢也監督(06-07・横浜FC監督)、大久保択生(08-10・横浜FC)
②早川知伸コーチ×深井正樹=千葉
 市村篤司+南雄太+渡辺匠×高木琢也監督+高橋祐太郎=熊本
 飯尾一慶×高木琢也監督+刀根亮輔=東京V
 中島崇典×三浦雄也=柏
 黒津勝×植草裕樹=川崎
 松下年宏×深井正樹=新潟
 渡辺匠+大久保哲哉×植草裕樹=山形
③井手口正昭×東浩史=阪南大(東が1年先輩)
 森本良×花井聖=名古屋ジュニアユース&名古屋U18(森本が1年先輩)
 大久保哲哉×深井正樹=駒澤大(大久保が1年先輩)
④石神直哉(神奈川大)
⑤カズ×高木琢也監督=93年W杯アジア最終予選日本代表のチームメイト


14:[email protected]鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス×京都サンガ

①甲本偉嗣コーチ(06-07・京都コーチ、07-08・京都U-18コーチ)、
 斉藤大介(99-08・京都)
②富田大介×和田昌裕監督+有田光希+石櫃洋祐=神戸
 相澤貴志×山瀬功治=川崎
 福元洋平×山口智+佐々木勇人=G大阪
 津田知宏+長谷川徹×バヤリッツァ=名古屋
 井澤惇×田森大己=甲府
 井澤惇×宮吉拓実=富山
③内田裕斗×三根和起=G大阪ジュニアユース(三根が2年先輩)
⑤渡辺泰広×宮吉拓実=09年U-17W杯日本代表のチームメイト


16:[email protected]北九州市立本城陸上競技場
ギラヴァンツ北九州×アビスパ福岡

①宮本亨(01-09・福岡)、森村昂太(11-13・北九州)、
 中原秀人(・北九州特別指定)
②柱谷幸一監督×井原正巳監督=日産
 大嶽直人コーチ×三浦文丈コーチ=京都
 阿部伸行×阿部巧+森村昂太+中村北斗=FC東京
 近藤祐介×森村昂太+中村北斗=FC東京
 阿部伸行×亀川諒史=湘南
 星原健太×平井将生=G大阪
 八角剛史×阿部巧=横浜FC
 原一樹×濱田水輝+堤俊輔=浦和
 大島秀夫×坂田大輔=横浜FM
 大島秀夫×酒井宣福=新潟
③星原健太×平井将生=G大阪ユース(平井が1年先輩)
 弓崎恭平×田村友=福岡大(同級生) 
④福岡同士なので割愛


16:[email protected]ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪×ザスパクサツ群馬

①夛田凌輔(・C大阪、C大阪U-18出身)、大津耀誠(C大阪U-18出身)
②藤野英明フィジカルコーチ×服部浩紀監督=福岡
 玉田圭司+中澤聡太×小林亮=柏
 中澤聡太×青木良太=G大阪
③染谷悠太×乾大知=流通経済大(染谷が3年先輩)
 中澤聡太×青木良太=市立船橋(中澤が2年先輩)
④夛田凌輔(大阪府出身・C大阪U-18)、大津耀誠(大阪府出身・C大阪U-18出身)
 

16:[email protected]ニンジニアスタジアム
愛媛FC×ジェフユナイテッド千葉

①木山隆之(12・千葉監督)
②児玉剛×藤原寿徳GKコーチ+中村太亮=京都
 浦田延尚×金井貢史=横浜FM
 西岡大輝+河原和寿×パウリーニョ=栃木
 村上佑介×水野晃樹=柏
③村上佑介×佐藤健太郎=順天堂大(佐藤が1年先輩)


16:[email protected]大分銀行ドーム
大分トリニータ×大宮アルディージャ

①兼村憲周コーチ(10-11・大宮)
②中村有ヘッドコーチ×和田拓也=東京V
 土斐﨑浩一フィジカルコーチ+高松大樹×塩田仁史=FC東京
 武田洋平×白井淳GKコーチ=新潟
 武田洋平×横谷繁+家長昭博=G大阪
 岡本英也×横谷繁=G大阪
 武田洋平×播戸竜二+横山知伸=C大阪
 三平和司×横谷繁=京都
③田坂和昭監督×海本慶治コーチ=東海大
 山口貴弘×横山知伸=帝京(同級生)
 山口貴弘+松本怜×横山知伸=早稲田大
 (山口が横山の1年、松本の3年先輩)
 岡本英也×横谷繁+家長昭博=G大阪ユース
 (岡本と横谷が同級生、家長が1年先輩)
 西弘則+石川大徳×清水慶記=流通経済大
 (清水が西の1年、石川の2年先輩)
⑤兵働昭弘(筑波大)×塩田仁史(流通経済大)
 =03年ユニバーシアード日本代表のチームメイト
⑥白井淳GKコーチ(4月18日生まれ)


今回の最注目カードは大分と大宮の一戦。
大分の山口貴弘と大宮の横山知伸は
帝京高校の同級生であり、早稲田大の先輩後輩です。


名門のカナリア軍団で共に汗を流した山口と横山。
同級生として讃岐の大沢朋也も在籍していた帝京は
彼らが3年時にも選手権へ出場しベスト8へ進出。
スタメンの大半が後のJリーガーという
超タレント集団の国見に最後は屈したものの、
これが現時点で帝京が選手権でベスト8以上を記録した
最後の年になっており、高校の歴史に1つの名前を刻みました。


山口はそのまま早稲田大学へ進学。
一方の横山は1年の浪人生活を経て、同じく早稲田大学へ。
高校の同級生は大学で先輩後輩という
新たな関係性で共にプレーすることになります。


山口が4年、横山が3年で迎えたインカレでは
大学として10年ぶりにファイナルまで進出。
この年は駒澤大学に敗れましたが、
横山は4年時に兵藤慎剛や山本脩斗、鈴木修人、島村毅ら
同級生と共に2年連続で決勝の舞台へ。
国立競技場で法政大を2-0と撃破し、
同校として13年ぶりの日本一獲得に貢献しました。


それから7年あまり。
山口も横山も辿り着いたプロキャリア3クラブ目にして
ピッチ上で再会するかもしれない一戦。
是非彼らの試合前や試合後に注目してみてください!


土屋

  • Line