人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月13日

アピールしきれなかったガーナ戦先発組。「トライする姿勢」を見せた山根だったが、痛恨のミス

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

そして、大迫勇也不在の6月シリーズで注目を集めるワントップ争い。浅野拓磨はパラグアイ戦で先制ゴールを決めたものの、決定的な仕事はできていなかった。その後、トップを任された前田大然も、ブラジル戦で先発起用された古橋亨梧も満足すべき結果は出せてない。

上田綺世

上田綺世

そして、ガーナ戦では上田が満を持して起用された。

結果としては柴崎も、久保も、上田も悪い出来ではなかった。

柴崎岳

柴崎岳

柴崎はミスはほとんどなく、若い選手たちが走り回る中でうまくバランスを取っていた。「さすがはベテラン」と膝を打つ場面も何度もあった。久保は、跳ね飛ばされても跳ね飛ばされても、90分間果敢に守備のために献身的に走り回った。右サイドで堂安とポジションを入れ替えながら、攻撃の形も作ったし、そして、三笘薫のお膳立てで代表初ゴールも決めてみせた。

だが、「卒なくプレーする」とか「悪くはなかった」では、レギュラーの座をつかむための強いアピールにはならない。

なぜなら、ガーナとはチーム力に差があったからだ。

三笘薫

三笘薫

もちろん、ガーナはワールドカップ出場国だ。それほど力の差があるはずはない。だが、少なくとも神戸で戦ったガーナには移動の疲れも残っていただろうし、また、コロナ・ウイルス感染の陽性者が出たこともあって控え選手がわずかに5人(うち1人はGK)という状態だった。

日本が終始ボールを握って戦う展開の中で「悪くはない」程度のプレーでは森保監督も満足しないだろう。

久保建英

久保建英

何か決定的な仕事をする必要があった。あるいは、結果につながらなかったにしても「トライする姿勢」くらいは見たかった。

柴崎であれば、ゴールに直結するような(柴崎にしか出せないような計算しつくした)スルーパスがほしかった。久保であれば、そのテクニックを生かして複数の相手を置き去りにするようなドリブルがほしかった。

上田であれば、上田らしい強烈なシュート。あるいはヘディングでの競り合いの強さを見たかった……。

南野拓実

南野拓実

試合の終盤には田中碧や伊東純也、南野拓実といった、アジア最終予選でレギュラーとしてプレーしていた選手が投入された。すると、60分ごろから停滞してしまっていた日本の攻撃に勢いが戻ってきたのだ。田中は投入された直後に左サイドで三笘と連携してビッグチャンスを作ったし、伊東も登場してすぐに前田のゴールをアシストした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ