人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月29日

日本メダル確定! 最高の舞台で、今度こそ借りを返す! 決勝vs. 開催国ロシア <FIFAビーチサッカーワールドカップ ロシア2021>

サッカーニュース by Noriko NAGANO
  • Line

準決勝でセネガルに勝利し、メダル獲得を決めたビーチサッカー日本代表

2大会連続ベスト4進出という歴史を作った日本は、準決勝でアフリカ勢のセネガルと対戦した。セネガルは出場停止でGK1番のアル・セイニ・エンディアイェ、10番のマムール・ディアニェ、5番のママドゥ・シッラの主力3人を欠く陣容。日本は初めて上里をスタメン起用し、GK河合雄介赤熊卓弥大場崇晃茂怜羅オズ上里琢文でスタートした。

セネガルの得点源9番のラウル・メンディが、キーパーからのスローを受けて反転、序盤から打ってきた。これを日本の守護神・河合雄介が片手でパンチング、こぼれ球をアマル・サンビに狙われるが、ここを抑えると、フィクソ(DF)の茂怜羅オズが集中力高くメンディを自由にさせず、0-0で第1ピリオドを終えた。

第2ピリオドでスコアが動く。16分、オーバーヘッド体勢に入った赤熊に対するファウルでPKを得て、赤熊が力を込めて蹴り込み、日本が先制。GK河合を最後尾にDF陣がリードを保ちながら、大場を中心にゲームコントロール、日本ペースで試合を運んだ。

最終ピリオド、キーパーからのボールがメンディに入る。人数をかけてカバーにいったところで、パスを出されて追いつかれるが(1-1)、日本がすぐに取り返した。大場、奥山のコンビネーションで、大場がダイレクトで豪快に蹴り込み2-1。さらに、右サイドを上ったオズからのパスを奥山正憲が思い切りよくオーバーヘッドで決め、リードを2点に広げて勝利を手繰り寄せた。

相手の勢いがダウンすると、GK河合からのボールを赤熊がオーバーヘッドで加点し4-1とする。セットプレーからヘッドで打たれ1点返されたが、上里の折返しを赤熊が押し込んでダメ押し、5-2で勝利。チームプレーを徹底した日本、ひとつになってメダル獲得を決めた。

初の決勝進出となった日本。対戦するのは今大会2度目の対戦となるロシア。ロシアは、開催国として負けることのできないプレッシャーの中、首位でグループリーグを突破すると、準々決勝でヨーロッパ予選1位のスペインを4-2で倒す。続く準決勝・スイス戦では、主力を3人欠きながら、5-5の接戦を繰り広げ、延長戦でスコアは動かず、PK戦をロシアが制し(PK5-4)、決勝の舞台までたどり着いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ