人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月19日

日本代表、注目プレーヤー<ビーチサッカーワールドカップロシア2021>

サッカーニュース by Noriko NAGANO
  • Line

オーバーヘッドなどアクロバティックなプレーで観客を楽しませることも忘れない。
誰よりも日本のために戦うサムライ。

【背番号7 大場崇晃 ALA(MF)175cm/71kg】

大場崇晃

サッカーからビーチサッカーに転向し、2年目(19歳)でラモス瑠偉監督に呼ばれ、人生を変えた。
高校時代に知り合ったトレーナーに付いて肉体改造し、体を仕上げたビーチサッカー界きってのアスリート。自分のポテンシャルを100%引き出すことに妥協は許さない。
外国人選手に負けないスピードとフィジカルがある。

2018年、2019年にはその力を試すため、ブラジルのビーチサッカークラブ(ボタフォゴ)に所属し、ブラジル選手権に出場して大会3位に貢献。ビーチサッカー大国のブラジルでもやれる自信をつけて戻ってきた。

身体能力と技術が高く、味方のパスが少々ずれても追いついて攻撃に結びつけ、決定的な仕事をする。長年一緒にやってきた赤熊卓弥とは阿吽の呼吸でプレーでき、多彩な連係プレーからの得点が期待できる。

ケガで途中離脱となった松田康佑とは固い絆があり、松田の今大会にかけた強い想いを持ってプレーする。

【背番号6 赤熊卓弥 PIVO(FW)186cm/90kg】

赤熊卓弥

福祉施設で働きながら、ビーチサッカー選手を続ける赤熊卓弥は、23歳のときにビーチサッカーと出会い、日本代表選手になりたいという目標を持ち、ビーチの世界に飛び込んだ。

国際大会でも対抗できる肉体を持ち、その体格を活かしたオーバーヘッドのパンチ力は半端ない。
4度目のワールドカップ出場となる今大会は、中核選手としての自覚を持って挑む。
常に身近な選手のプレーやアドバイスを参考にして、自分の持ち味を生かしたプレーを求めトレーニングを続け、シュートにも磨きをかけてきた。
どこでボールをもらってもゴールに結びつける自信とメンタル面の成長が、安定感あるパフォーマンスに結びついている。

前回大会でチーム最多タイの7ゴールをマークしている赤熊の今回の目標は15ゴールで、得点王を狙っている。
圧倒的な身体能力でしっかりとボールを収め、ゴールを奪えるため、共にプレーする仲間からの信頼は厚い。

ロシアに入ってからのトレーニングマッチでは、3試合で4ゴールを決めた。そのゴールは、セットプレーからの得点やラストパス、ピヴォ当てなど、仲間とのコンビネーションによるもの。本番でもバリエーション豊富な連係プレーからの得点に期待がかかる。

文・写真 Noriko NAGANO

★「FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021」8/19(木)~29(日) J SPORTSで日本戦&決勝トーナメントの全試合生中継。J SPORTSオンデマンドでは全試合LIVE配信

FIFA ビーチサッカー ワールドカップ パラグアイ 2019

【日本世界4位!2019ハイライト】日本 vs. ポルトガル|FIFA ビーチサッカー ワールドカップ パラグアイ 2019 準決勝

Noriko NAGANO

サッカーを中心に取材。 FIFAビーチサッカーワールドカップでは5大会、現地撮影をしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ