人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年7月28日

「ワールドカップで結果を残せるメンバーを集めた」ビーチサッカー日本代表メンバー14人を発表!<FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021>

サッカーニュース by Noriko NAGANO
  • Line

前回パラグアイ大会でパラグアイとの開幕戦に挑むビーチサッカー日本代表メンバー

7月26日、FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021に出場する日本代表メンバー発表記者会見がオンラインで行われた。メンバー発表には選手たちもオンラインで参加し、発表の瞬間を待った。茂怜羅オズ監督兼選手が、出場メンバーの名前を丁寧に読み上げた。

メンバーは、コロナ禍の特別な対応として、通常より2名増加した14人。ゴールキーパー3人、フィールドプレーヤーは茂怜羅オズを含む11人が選出された。選考のための分析は発表前夜にまで及び、これまでのトレーニングマッチを見返し、発表時間ギリギリまで吟味し決定されたという。

「経験のある選手と若い選手を混ぜて、バランスのあるチームを作りたい」思いがあったというオズ監督。オズ監督は、監督に就任以来、若い選手を積極的に呼び、30人もの選手にチャンスを与え、トレーニングマッチの対戦相手もチェックし、最終的に「ワールドカップで結果を残せるメンバーを集めた」と選考理由を語った。

オンラインでのメンバー発表記者会見で選考理由を語る茂怜羅オズ監督兼選手

オズジャパンが目指す「スピードあるチーム」の心臓となるアラのポジションには、齋藤巧、上里琢文、坪谷亮太のワールドカップ初出場となる選手も選ばれた。

メンバー最年少の坪谷(27歳)は、前回は候補に選ばれながらワールドカップ出場メンバーから落選したが、今回は夢を掴んだ。坪谷は「ラモス監督の時にワールドカップに行けず、すごく悔しい思いをした。オズ監督になってから、どうしてもワールドカップに行きたいという気持ちでトレーニングに臨んでいた。先輩方が多い中で、運動量豊富に誰よりも走りたい。自分ができる最大限の力でチームに貢献したい」と大会への熱い思いを語った。

オズ監督がチームのまとめ役として期待をかけるのは、ワールドカップ9回目の出場となる山内悠誠。東京ヴェルディBSで共にプレーしていることもあり、互いのことを熟知し、信頼が厚い。

ワールドカップという夢の舞台で、チームのパフォーマンスを最大限に発揮するには、初出場の選手たちへのサポートは欠かせない。山内は「代表に長くいるので状況がわかっているし、選手のことも理解しているので、オズ監督の手助けになるよう意識してやっている。15年代表をしていて、ベスト4以上の結果が出せていないので、優勝や最低でもメダルという結果を出すことが、歴史を見てきた中での責務だと思っている」と、長年共に日の丸を背負い戦ってきたオズ監督を支え、チームを引っ張る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ