人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月8日

T・アルカンタラはステップアップのタイミングを逸したのか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

また、バイエルンのCEOを務めるカール=ハインツ・ルムメニゲも次のように語っている。

「チアゴが新しいチャレンジを望んでいるのだから無理強いはしない」

見事な先制攻撃というべきか、類稀なる政治手腕か、慰留しない方針をCEOみずからが明らかにしたのである。残留の道を断たれたT・アルカンタラは、早速エージェントがプレミアリーグ方面にコンタクトを図ったようだが、いまのところ色よい返事は聞こえてこない。

噂の『サウジアラビア公的資金』がニューカッスルを買収すれば、T・アルカンタラのもとにオファーが届く可能性があるとはいえ、バルセロナ→バイエルン→ニューカッスルでは、プライドが満足しない。パリ・サンジェルマンは、スペイン代表MFに興味を持っていない。

T・アルカンタラの市場価格は推定4000万ユーロ(約48億円)前後だ。ビッグクラブなら手を出せる額だ。しかし、繰り返しになるがコロナ禍では財布の紐がきつくなる。三期連続で補強を見送ったチェルシーが積極的とはいえ、彼らの次なるターゲットは左サイドバックであってMFではない。

より高いレベルで、というT・アルカンタラの意思は尊重するものの、ややタイミングを逸した感も……いや、これも新型コロナウイルスが及ぼす悪影響だ。今年の夏は楽しくない。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ