人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月7日

Foot!ファミリー初登場スペシャル

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

入社1年目の3月から『Foot!』のスタッフになった。憧れていた番組の“内側”へ入ることができる高揚感と責任感と、いろいろな想いを抱えながら、“見る側”から“届ける側”へと立場が変わる。この番組のスタッフとして、この番組に恥をかかせるようなことだけは絶対にしないと、自分の中で心に決めた。

憧れていたライカールトにも会うことができた。チャビにインタビューしている後ろを、ロナウジーニョが「モシモシ~」と笑いながら通って行った。ミックスゾーンで暇そうに携帯をいじっていたイニエスタとは片言の英語で会話した。お茶目なデシャンにはお土産のダルマを投げ付けられかけた。マケレレには日本語で番組告知をしてもらった。ロリスは自らのユニフォームをプレゼント用に提供してくれた。対面したスーパースターたちも、会ってみれば1人のサッカー好きの大人だった。

海外に行った時は、その地の文化を伝えることも大事にしていた。イングランドではシャーロック・ホームズの足跡を訪ねた。フランスではエッフェル塔やマルセイユの海岸にも足を伸ばした。フィンランドの空は夏でも薄い色彩で、スペインの空は冬でも濃い色彩を纏っていた。ネス湖はネッシーグッズに溢れていて、アムステルダムにはコロッケの自動販売機があった。海外に行けば行くほど、サッカーはすべてのものに繋がっているのだと実感することができた。

20年の月日を『Foot!』の“内側”で過ごしてきたスタッフは数人いるが、20年の月日を“外側”と“内側”で見つめてきたスタッフは自分しかいない。もう“内側”の時間が圧倒的に長くはなってきているが、“外側”の視点も絶対に忘れないようにすることは、常に意識してきたことだ。

今回の10本に及ぶ『Foot!セレクション』は、盟友の中島Dとほぼ2人の独断でセレクトした。番組の歴史を彩って来てくださったゲストの方々の映像をちりばめ、番組が辿ってきた20年分の軌跡を詰め込んだものになっている。昔は見ていたけど、今はもう見ていないという方にも、最近見始めたから昔の番組は見ていないという方にも、是非『Foot!』が積み重ねてきた歴史を楽しんでいただけたら幸いだ。

#1はいわゆる“Foot!ファミリー”の初登場回を集めてみた。記念すべき第1回目の放送と、番組の“視聴者”だった平畠啓史さんが、倉敷保雄さんと幸谷秀巳さんを質問攻めにするという2つの回が軸になっている中で、どうしても入れたかったのは富樫洋一さんの初登場シーンだ。2006年に富樫さんが急逝されて、もう14年が経過している。誰からも愛される人柄で、下っ端ADだった私にもサッカー仲間として気さくに接してくださった。「つっち~」と優しく語り掛けてくれる声は、今でも耳の奥に棲みついていて離れない。

今回の編集過程において、まさに第1回目の放送が収められているテープの箱を見た時、あることに気付いた。記載されていた放送日は2000年8月18日。中居正広や柴田恭兵、エステバン・カンビアッソなど錚々たるメンツと同様に、この日は私にとって特別な意味を持つ。まだ、その存在を知らなかった21歳の誕生日に、『Foot!』は産声を上げていたのだ。この出会いが偶然だったのか、必然だったのか。それは私にもいまだによくわかっていない。

文 土屋雅史(J SPORTS)

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ