人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年6月10日

総資産43兆円のPIFが市場を静観するとは考えにくい

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

4月17日のコラムでもお届けしたように、住環境が好ましくなく、太陽があまり顔を見せない土地柄だけに、ビッグスターがニューカッスルに興味を示すとは思えない。

「新オーナーは長期的展望のもと再建に取り組む」

ニューカッスルの周囲からも耳ざわりの優しいコメントが聞こえてくる。

しかし、総資産3200億ポンド(約43兆円!)ともいわれるPIFが市場を静観するとは考えにくい。知名度、実績ともに申し分ない強豪で立場が怪しくなった者が、ステイタスより現実(マネー)を選ぶケースも出てくる。コロナ禍で致命的な減収を招いた中小のクラブは、『PIF』が提示する破格の移籍金に心が揺らぐ。

新型コロナウイルスによって、フットボールの世界も再編を余儀なくされた。無観客が続けば人員削減、週給のカットは避けられず、当然、市場価格にも大きな影響を及ぼす。その一方で、天文学的な移籍金を支払えるクラブがある。スポンサー契約で減収を最小限に食い止め、今夏の市場で積極的に打って出るクラブもある。

市場が開かれることすら定かではない現状では、的外れなテーマかもしれない。ただ、経済を、何気ない日常を取り戻すにはフットボールを筆頭とするスポーツの力は必要不可欠であり、ブンデリーガが再開し、ラ・リーガやプレミアリーグとの再会も近いいま、人々の興味が夏の移籍に戻りつつあることもたしかだ。

ビッグネームに大きな動きが──!?

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ