人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年5月18日

困難突破トーク スポーツは今 #2 若き日本代表は今 原田海(クライミング日本代表)×齊藤未月(サッカーU-23日本代表)~21歳若き日本代表の今~

J SPORTSプロデューサーコラム by 杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)
  • Line

それぞれの「プロ選手」への道

原:お互いに質問したいことはありますか?

齊藤:スポーツクライミングって特殊って言ったらあれですけれど、僕も経験したことが無いので「ここ見たら楽しい!」っていうのを教えて欲しいです。

原田:特殊な部分というと、手足だけで登っていくことでしょうか。小さい石や、いろんな形の所をどう登っているかと見てもらえればと思います。

齊藤:僕だと自分の体重を持ち上げるとかは無理なので、すごいなと。

齊藤:サッカーはどこかのチームに所属して、給料もらってですが、クライミングはどうなんですか?

原田:クライミング選手はチームではなく個人でやっているので、会社に所属してそこからもらったり、賞金もらったり、賞金をもらったりですね。
みつきはサッカーをやっていて、いつからプロとかを意識したんですか?

齊藤:僕は小学校1年生から始めて、楽しくてそのころから夢はサッカー選手で、夢として目指したのは中学2年生、湘南ベルマーレに所属してから本格的に目指しました。

原田:僕は今、プロでやっているんですけれど、中学生からプロを意識していなかったので、そこの差は感じますね。

齊藤:僕はサッカーがあったので、没頭してそれだけを考えてやってきましたけれど、かいも中学生からクライミングを続けてきて、リスペクトしますね。


オンラインでの他競技選手との出会いも楽しい

原:若き日本代表として「日の丸」を背負う気持ちは?

原田:毎年、日本代表の選考会があって、その代表に選ばれなかった選手の想いも持って戦うという意識があります。争っているとはいえ、同じ日本の仲間なので、そこはしっかり背負って頑張っていきたいですね。

齊藤:サッカーはやっぱりたくさんの人が応援してくれて、時にキツイこともいわれます。でも日本代表は日の丸背負って日本を代表して戦っているので、全試合勝って日本に帰ってくるのがベストです。それができなければ何を言われても仕方ありません。僕はまだ、U-20、U-23のA代表には選ばれていないですけれども、そこに選ばれるためにもまずは年代別で結果を残すということだと思います。

原:おしまいにファンの皆さんにメッセージをお願いします。

原田:こういう状況がいつまで続くかわからなくて不安ですが、今は自粛して家にいて、みんなで困難を乗り切りましょう。

齊藤:同じくですが、今は家にいて、自粛するのが大事だと思いますし、今回のような他競技の選手と交流することがオンラインでできて、楽しかったです。今は我慢が大事だと思います。

文:J SPORTS 杉山友輝

杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)

杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)

若手のADを見るとすぐに「メシくってるか?」という昭和臭いプロデューサー。担当競技は卓球・ラリー・ゴルフ。毎日自らで作ったカスピ海ヨーグルトを食べるのが健康法。ニックネームはスギP。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ