人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年5月15日

晴れの日も雨の日も身を粉にしてリヴァプールに尽くした男

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

そう、今回の肝はカイトだった。

本来なら二列目の右サイドが彼のエリアだ。しかし過去20年のプレミアリーグには、強烈な個性を持ったオランダ人アタッカーが少なくない。かといって、カイトを外すのは論外だ。晴れの日も雨の日も身を粉にしてリヴァプールに尽くし、サポーターに熱く熱~く支持された。

それほどの男を外したベストイレブンなんて、ヘソが茶を沸かす。献身性の高いカイトであれば、不慣れな右サイドバックでもこなしてくれるはずだ。また、彼を上まわるようなインパクトを残したオランダ人の右サイドバックも見当たらない。我ながら悪くない選択だ。

なお、マンチェスター・ユナイテッドで一世を風靡したヤープ・スタムは98―99シーズンから2年間なら、インパクト特大だった。ただ、00-01シーズンは負傷やサー・アレックス・ファーガソン監督との確執で15試合の出場に終わっている。要するに、過去20年という条件下では活躍していない。残念ながら対象外だ。

それにしても強烈な攻撃陣だ。ファンペルシとハッセルバインクは得点王に輝き、ファン・ニステルローイは03-04シーズンの最終18試合で17ゴールの荒稼ぎをしている。ベルカンプとロッベンのハイレベルも改めていうまでもない。

ヨハン・クライフ氏(故人)も、このメンバーなら満足してくれるだろう。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ