人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年1月8日

中盤の駒を一枚でも二枚でも増やすのは妥当なプランだ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

やはり、中盤が補強ポイントだ。スコット・マクトミネイとフレッジはハードワーカーで、アンドレアス・ペレイラはすべてが凡庸。ファン・マタもすっかり精彩を欠いている。マーカス・ラシュフォードやアントニー・マルシャルが相手DFラインの背後をとっても、中盤からパスが出ないのだからなにをかいわんや、である。

ウィンクスだけではなく、エヴァートンのギルフィ・シグルズソンもターゲットに加えるべきだ。カルロ・アンチェロッティ監督の構想から外れ、選手本人も移籍を前向きに検討しているという。シグルズソンが操る高精度のパスも、ユナイテッドが有していないアイテムだ。

さらに、ダメもとでトッテナムのクリスティアン・エリクセンにもアプローチした方がいい。インテル・ミラノと合意間近といわれてはいる。しかし、マネーゲームになればユナイテッドの楽勝だ。インテルの2~3倍は出せる。新スタジアムの建築で費用がかさんだトッテナムは、ユナイテッドと取引した方がキャッシュを回収できるだろう。ダニエル・レヴィー会長はタフすぎる交渉相手だが、エドワード・ウッドはあらゆる手段を……あっ、期待するだけ時間の無駄か。

「われわれは正しい認識のもと、正しい方向に進んでいる。冬の補強を見送ることも考えられる」

スールシャールは自信満々だが、どこが正しいのかさっぱり分からない。ウィンクス、シグルズソン、エリクセン……。ポグバが期待薄なのだから、中盤の駒を一枚でも二枚でも増やすのは妥当なプランだ。リーグカップ準決勝・第一戦はホームでシティに1-3の完敗。スールシャールよ、目を覚ませ。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ