人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月22日

FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019 勝利の勢いつなぐ 日本第2戦 vs.アメリカ

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line
赤熊卓弥バースデー2ゴール

FIFA ビーチサッカー ワールドカップ パラグアイ 2019が開幕した。日本は初戦、開催国パラグアイと当たり、奥山正憲、茂怜羅オズ、赤熊卓弥のゴールでリードを広げたが、アウェイの雰囲気の中、最終ピリオドで同点に追いつかれる苦しい展開。だが、この日30歳の誕生日を迎えた赤熊が自らバースデーゴールを挙げて5-4で勝利し、勝ち点3を積んだ。今日の勝利で、チーム一丸となって戦うムードが高まった日本。この勢いを第2戦へとつなげたい。

第2戦の相手はアメリカ。アメリカは第1戦でスイスと対戦し、6-8で敗れ、勝ち点を積むことができなかった。最新のWORLD RANKINGでアメリカは15位、日本は12位となっている。アメリカのキーマンはキャプテンのNicolas PERER。Nicolasは、攻守において効き、オーバーヘッドもうまい。また、GKのChristopher TOTHは、足元がうまく、落ち着いてボールを回し、シュートもうまい。対する日本も、個々の持ち味を出し、勝利に結びつけたい。1週間ブラジルで直前合宿を行った日本のコンディションは、時差や暑さにも対応でき、よく動けている。運動量で勝る日本は、終盤にチャンスが増えそうだ。

初戦で勝利に導く2ゴールを挙げた赤熊は、「ワールドカップの初日に誕生日が当たるなんて、親がこの日に産んでくれたから、こんな経験ができたし、いろんな巡り合わせで今日の試合ができた。この勝利で勢いをつけて、アメリカ戦、スイス戦と勝利し、しっかりと決勝トーナメントに進んで、みんなでてっぺんをとれるように勝利を重ねていきたい」と語る。

J SPORTS 放送情報

キャプテンの茂怜羅はアメリカ戦に向けて、「ベンチにいると力になるラモスさんが退場になって、次の試合に出られないが、ラモスさんとケガをした後藤選手の分も俺たちは背負って戦う。ワールドカップの試合は毎試合難しいので、小さなミスが起きると、相手を勢い付けてしまう。ミスを直して、今日よりいい試合ができるように頑張っていきたい」とチームを引っ張っていく。

ワールドカップに簡単な試合などない。
日本代表は自分たちを信じて戦う。

11月23日(日本時間24日5時50分)キックオフ!

文:Noriko NAGANO

J SPORTS オンデマンド配信情報

【ハイライト】パラグアイ vs. 日本 FIFA ビーチサッカー ワールドカップ 2019

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ