人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年7月24日

きょうの絵空事、あしたの真実…なんの前触れもなく反故にされる約束

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

しかし、どこか手を上げるだろうか。昨シーズンからたびたびリンクされてきたマンチェスター・ユナイテッドは、強化の軸を英国系の若手に切り替えた。ベルギー代表の三十路は対象外である。マンチェスター・シティとリヴァプールの周囲を探っても、アルデルヴァイレルトの名前は見当たらない。ローマが急接近との噂もいつの間にか消えた。

移籍市場はきょうの絵空事があしたの真実になり、数時間前に交わした約束がなんの前触れもなく反故にされる。ユナイテッドが心変わりしたとしても不思議ではない。したがってアルデルヴァイレルト本人が、「トッテナム以外でプレーするつもりはない」と語っても水面下で交渉が進み、意外なクラブが新天地として浮上する可能性もゼロではないはずだ。

現状、トッテナムのセンターバックはアルデルヴァイレルトとヤン・フェルトンゲンが基本である。ただ、圧倒的な運動能力を誇るダビンソン・サンチェス、ポチェッティーノ監督が期待するファン・フォイスもいるとはいえ、安定感ではレギュラー2選手が秀でている。

両サイドバックの刷新が避けられないいま、センターバックにまで手をつけるのはリスクが大きい。アルデルヴァイレルトは、是が非でも留めておくべき人材だが……。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ